« 野村Fund-iもSTAM(SMT)と比較してみる。 | トップページ | 保険についての考え方の整理 »

2012年3月21日 (水)

バンガードのお話

  日経新聞、いつかは経済自由人の記事です。

  • 日本と大差、米投信「顧客本位」の秘密

 今回の記事はバンガードさんのご紹介です。

 バンガードさんの特長を整理してみると 

  • とにかく低信託報酬!
  • 最初から今のレベルだったわけではなく、1975年に0.9%ぐらいだったのがだんだん下がって、今の0.2%代にまでなった。
  • バンガードはアクティブだってあり、これまた低信託報酬。
  • バンガードのファンドへの投資家がバンガード社を所有するという構造。(なので、いわゆる株主利益と低信託報酬が相反しない)
  • 元祖?直販投信!(なので販売コストを圧縮できる)

  などがあります。

 一方、問題は、

 日本では買うのに、いくつかの障壁がある

 ことです。

  • ネット証券などで海外ETFの形で買うことができるが、手数料が高め。海外口座の管理もけっこうめんどう。
  • セゾンバンガード・グローバルバランスファンドやトヨタ・アセットバンガード海外株式ファンドは、FOFであるために割高
  • マネックス証券でETFではなくファンドも買えるが、年0.6%(税込0.63%)の口座管理料を取られる。

 等々、せっかくの良い商品なのに、やや残念な状況にあります。

 やはり、同社の優秀なファンドを日本マーケットでノーロードかつ米国と同等の信託報酬率で販売することが望まれますね。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« 野村Fund-iもSTAM(SMT)と比較してみる。 | トップページ | 保険についての考え方の整理 »

コメント

一応、日本の状況を擁護すると


バンガードも時間をかけて低コスト化してきた ⇒ 日本でもインデックスファンドを中心に低コスト化が数年前から始まったのでもう少し長い目で見てあげれば・・・

でしょうか。

投稿: 吊られた男 | 2012年3月21日 (水) 22時35分

吊られた男様
 コメントありがとうございます。
 はい、長い目で見ましょう!
 やはり、投資家との二人三脚で良いファンドを育成するというのがあるべき姿と思います。

投稿: NightWalker | 2012年3月21日 (水) 22時40分

ミスリードになってしまうかもしれませんが、FOFのコストが割高なのは投資家サイドの見え方であり事実です。

一方、投信を販売するサイドから見ればインカムゲインもキャピタルゲインもインカムで収益調整金?なるものに計上出来るらしく、これが通貨選択型の分配金を産む仕組みだと説明を受けたことがあります。

販売サイドの事情はよくわかりませんが、低コスト化にむけた取り組みが可能な印象があります。

投稿: kubojah | 2012年3月22日 (木) 06時13分

こんにちは。
マネックス証券で口座管理料をとられるというのは本当でしょうか。

バンガードのETFに投資していますが、口座管理料の存在は知りませんでした。
慌ててマネックス証券のサイトで調べてみましたが、該当する内容は見つからず、日経の記事にも口座管理料の記述はありませんでしたが、どこで確認できるでしょうか?

投稿: koma | 2012年3月22日 (木) 07時27分

皆さまコメントありがとうございます。

>kubojah様
 運用技術についてはよくわかっってはいないですが、まだ、余地があるのかもしれませんね。

>koma様
 おおー、言葉足らずでしたm(__)m
 これは、バンガードのETFではなく、ファンドのことです。マネックス証券がまだできたばかりのころ、鋭意、取り扱ってくれたんですね。
 今ももちろん買えます。残念ながらセレクトファンドからも外れて、日の目を見ていませんが、スモ―ルキヤツプ インデックス、ウエルズリ―インカムフアンド、ト―タルストツクマ―ケツトインデツクスの三つがあります。
 これに年0.6%(税込0.63%)の管理手数料がかかっちゃうんですよー。

投稿: NightWalker | 2012年3月22日 (木) 22時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/54276946

この記事へのトラックバック一覧です: バンガードのお話:

« 野村Fund-iもSTAM(SMT)と比較してみる。 | トップページ | 保険についての考え方の整理 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.