« 株価と為替を予想する! 2012/3 | トップページ | 長期投資に損切りというのはあるのか? »

2012年3月10日 (土)

CMAMとSTAMとeMAXISの外国株式クラスの比較 2012/3

  CMAMインデックスeシリーズの第二期運用報告書が出ています。

 チェックポイントであるコスト構造(信託報酬+その他コスト)等は、じゅん@さんの記事をぜひお読みください。

 いつもながら、じゅん@さんのクールな視点がいいですよね!

 水瀬さんも取り上げていらっしゃいます。

 

 さて、当エントリーではちょっと視点を変えて、 ライバルファンドとのパフォーマンス比較をしてみたいと思います。

 運用報告書は、決算月の違いから、ライバル商品との比較で判断に悩むものもあります。(例えば、運用の違いによるトラッキングエラーなどの要因がどう影響しているかなど)

 分配金が出てなければ、パフォーマンス比較が結構重要な視点になるのでは?という考え方であります。

  一番気になる、(日本を除く)先進国株式クラスの比較になります。

日付 STAM eMAXIS CMAM
2012年3月 -5.51% -5.44% -5.31%
2012年2月 -1.26% -1.18% -1.03%
2012年1月 -8.83% -8.77% -8.65%
2011年12月 -9.62% -9.59% -9.46%
2011年11月 -9.92% -9.86% -9.69%
2011年10月 0.54% 0.61% 0.81%
2011年9月 -11.50% -11.44% -11.32%
2011年8月 3.01% 3.11% 3.27%
2011年7月 7.00% 7.03% 7.13%
2011年6月 18.50% 18.50% 18.68%
2011年5月 13.83% 13.89% 14.03%
2011年4月 2.70% 2.75% 2.81%

 

 2012年3月を除いて月末基準価額の年次リターンの推移です。

 各ファンドごとにトラッキングエラーなどの要因は異なりますが、それらがすべてミックスされたのが基準価額のパフォーマンス。

 CMAMの微妙な優位性が伺えます。

 もちろん、決定的な差ではありません。

 私自身の感覚では、どれでもいいのかな?とは感じてはいますが、厳しくパフォーマンスを追求してみたい、とお考えの方も多いかもしれませんね(^^)。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« 株価と為替を予想する! 2012/3 | トップページ | 長期投資に損切りというのはあるのか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/54186358

この記事へのトラックバック一覧です: CMAMとSTAMとeMAXISの外国株式クラスの比較 2012/3:

« 株価と為替を予想する! 2012/3 | トップページ | 長期投資に損切りというのはあるのか? »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.