« 確定拠出年金専用 情報はこちらへ ! | トップページ | 休眠口座 2012/2 »

2012年2月24日 (金)

1679と1330の比較 2011/1~2012/2

 いまや、東証ETFで、世界の指数が買える時代です。

 東証に上場しているETFでダウ平均連動ETFと日経平均連動ETFも比較してみました。

 先のエントリーでは、NN倍率という為替を無視した指標を見てみたわけですが、今回は円ベース。

  • Simple-X NYダウ・ジョーンズ上場投信【1679】
  • 上場インデックスファンド225【1330】

 の比較です。

 1679は、指数との乖離率も比較的安定しており(こちら)、信託報酬が0.60%程度と比較的高いのを除けば、がんばってるETFです。

 

20120223

  うーん、円ベースでも負けてるなあ。

 ただ、分散投資の世界では、このように、動きが異なる(相関係数の小さい)資産を組み合わせるのは「吉」とされています。

 やはり、国際分散は大切です。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

« 確定拠出年金専用 情報はこちらへ ! | トップページ | 休眠口座 2012/2 »

コメント

私もKOKUSAIとTOPIXで昨年1月来、同じような円ベースのグラフを作っています。差はもう少し小さいですが似たような感じです。最近は、それぞれを先行とマーク屋に見立て、いずれTOPIXが差すだろうなどと暢気に楽しんでいます。上がっているからこそできる不謹慎な所業です。

投稿: mto | 2012年2月24日 (金) 23時23分

mto様
 コメントありがとうございます。
 そうなんですよね。差してほしいですね。
 分散投資のだいご味の一つかもしれません。

投稿: NightWalker | 2012年2月25日 (土) 09時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/54058785

この記事へのトラックバック一覧です: 1679と1330の比較 2011/1~2012/2:

« 確定拠出年金専用 情報はこちらへ ! | トップページ | 休眠口座 2012/2 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。確定拠出年金も魅力的。使いやすいサイトも特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ17年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.