« 投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year2011発表 | トップページ | IVVとEFAの比率の変化 2007/末-2011/末 »

2012年1月 9日 (月)

CMAM とSTAMとeMAXISの2011年を比較してみる

 さて、見事、投信ブロガーが選ぶ!Fund of The Year 2011 グランプリの栄冠を得たCMAM外国株式インデックスeですが、ライバルであるSTAMグローバル株式インデックス・オープン(同9位)、eMAXIS先進国株式インデックス(10位圏外)と比べてパフォーマンスはどうだったんでしょうか。

 2010/12/30 ~ 2011/12/30 のパフォーマンスをグラフにしてみました。

20120109_6

・・・・・・・・・

 ほとんど、見分けが付きません(笑)

 ひょっとして、統合されちゃったのかしらと思うくらい(統合されてはいませんので念のため(^^;))

 というわけで、数字で見てみるとこんな感じ。(同じく2010/12/30 ~ 2011/12/30 のパフォーマンスです)

STAM CMAM eMAXIS
-9.618% -9.464% -9.594%

 やっぱりほとんど差がありませんが、CMAMは信託報酬率の面目躍如というところです。

 

 ところでこれから我が国のインデックスファンドには何が求められるのでしょうか。

 よく、証券会社のアナリストの方たちが、これからはグローバル企業以外は生き残れないというようなことをおっしゃっています。

 やはり、これからは、

 投資信託もグローバル

 ではないでしょうか?

 世界で戦えるような商品にしていってほしいですね。

 そのためには、規模の増大による収益力の確保が重要な必要条件になると思います。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

« 投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year2011発表 | トップページ | IVVとEFAの比率の変化 2007/末-2011/末 »

コメント

3ファンドの年間パフォーマンス比較ありがとうございます。やはり見事にほぼコスト分の差がついていて、低コストのCMAM外国株式インデックスeが有利なことが確認できますね。

投稿: kenz | 2012年1月 9日 (月) 21時48分

>投資信託もグローバル

 海外で戦える投信を作って販売していくということでしょうか。。。難しそうですね。。

投稿: 矢向 | 2012年1月 9日 (月) 22時03分

私も、みなさんと同じく、先進国株式はCMAM、新興国株式はeMAXISを選んでいます。
これらのファンドが、どれも順調に純資産額を増やしていってくれているのにうれしく思いますが、
出来れば、1,000億円規模まで成長してほしいなぁと思っています。

投稿: 世界のREIT | 2012年1月 9日 (月) 22時22分

皆さまコメントありがとうございます。

>kenz様
 運用技術面が伯仲していると、やはり決め手は信託報酬ですね。

>矢向様
 海外と提携するというようなことも視野においてほしいと考えています。というか、その前に国内?(笑)

投稿: NightWalker | 2012年1月 9日 (月) 22時44分

世界のREIT様
 コメントありがとうございます。
 そうですよね!
 さわかみファンド(2012/1/6現在ざくっと2000億)を超えるようになればすごいと思います。

投稿: NightWalker | 2012年1月 9日 (月) 22時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/53698211

この記事へのトラックバック一覧です: CMAM とSTAMとeMAXISの2011年を比較してみる:

» 「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2011」が決まりました。 [我が家を見つめなおしてみる]
先日、私も投票した「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2011」が決まりました。 私が投票したのは・・・ [続きを読む]

受信: 2012年1月 9日 (月) 23時48分

« 投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year2011発表 | トップページ | IVVとEFAの比率の変化 2007/末-2011/末 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。確定拠出年金も魅力的。使いやすいサイトも特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ17年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.