« いよいよ毎月分配型投信の終焉の時? | トップページ | セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド この5年の推移 »

2012年1月29日 (日)

日本人の株式投資に対する認識はいつか変わる

 内藤忍さんのブログです。

 共感いたしました。

 

 私の株式と債券に対する考え方を整理すると

  • 現代の経済は、株式と債券というお互いに補完しあう2つの大きな「借金」でできている面がある。
  • 借金はお金を回す効果がある。 
  • 借金はしすぎないことが重要である。

 となります。

 内藤さんがわかりやすく説明しているとおり、我々が株式や債券に投資しようとしまいと世のお金というものはすでに株式と債券という名の借金により成立しています。

 金持ちは悪、株式は金持ちのもの、という批判をする人がいますが、自分たちの給料も活動資金も年金も株式や債券がなくしては成立しないことを忘れてはいけません。

 株式投資に対する意識がポジティブなものに変わっていくには、若い人から世の中を塗り替えていくしかないと思って、このブログを続けていたりします。

 そんな中、私のツイッターのフォローをしてくださっている方に20代前半の若い方がけっこう多いです。

 若い人の意識が変われば世の中は必ず変わる

 と思う私にとって、こんなに心強いことはありません。

-----------

 ちなみに あんまりつぶやいていませんが(^^;)、私のツィッターアドレスは、

  @nwalkerz

 です。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

« いよいよ毎月分配型投信の終焉の時? | トップページ | セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド この5年の推移 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/53851853

この記事へのトラックバック一覧です: 日本人の株式投資に対する認識はいつか変わる:

« いよいよ毎月分配型投信の終焉の時? | トップページ | セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド この5年の推移 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。確定拠出年金も魅力的。使いやすいサイトも特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ17年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.