« さわかみファンド 2011のパフォーマンス | トップページ | いよいよ毎月分配型投信の終焉の時? »

2012年1月26日 (木)

退職金・企業年金を組み入れた老後資金の準備

 日経さんの退職・年金ナビというコンテンツは、なかなか、簡潔にまとまっていて好感を持っています。

 1/26のエントリーがこちら。

  • 退職金・企業年金を組み入れた老後資金の準備 退職金・企業年金の基礎知識(7)(こちらから探してみてください)

世の中では、年金制度は危ない、もうだめ、といった論調で、すっかり、いやになっちゃう今日この頃です。

 たしかに、年金制度の収支は問題です。

 しかし、その問題がないとすれば、年金制度は意外に?頼もしいです。

 一般的なサラリーマンの場合、リタイヤ資金は、どういうストラクチャーになっているんでしょうか? ちょっと、整理をして置くと

1)公的年金

2)配偶者がなくなってしまった場合にも遺族年金

 そして、サラリーマンの場合だと

3)企業年金

4)退職金

 がもらえたりする人もいます。

 また、最近では、

5)確定拠出年金

 というシステムもあるところにはあります。

 いっぱいありますねーー。

 さらには運がいい人だと

6)親の遺産(笑)

 なんとかして、全部でいくらになるか計算しておくとよいかもしれません。質素な暮らしを心掛ければ、上記だけでも生きていける!という方もいらっしゃるかもしれません。

 大事なのは、特に退職金ですね。いっぺんにもらっちゃうので

  • うっかり、使い果たさない
  •  

  • うっかり、金融関係の(あるいは、と称する)人の口車に乗らない

 ということが重要です。

 若いうちは年金がどういう風にできているかをあまり知らない人が多いです。

 50歳を超えて、リタイヤまでの期間が10年ぐらいになった時に始めて考えるというのが、一般的なようです。

 確定拠出年金という制度には功罪というのがあるとは思うのですが、第一に挙げたいのが、

  • 若いうちに年金について理解しようというチャンスが得られる

 ということではないか?などと最近は思っています。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« さわかみファンド 2011のパフォーマンス | トップページ | いよいよ毎月分配型投信の終焉の時? »

コメント

NightWalkerさん

はじめまして。
いつも興味津々で拝見させて頂いております。

地味で有名な401kですが、
いつの間にやら「マッチング拠出」がOKになったんですね。
http://www.jis-t.co.jp/notification/120104_2.html

私は個人型で運用しているのであまり関係ないのですが、
これを機にもっと資産運用に興味を持ってほしいものです。

投稿: ほまれ | 2012年1月28日 (土) 15時05分

ほまれ様
 コメントありがとうございます!

 従業員拠出(マッチング拠出)は、法改正だけでなく企業の制度整備が必要になるのでしょうか。 うまく採用が広がってくれるとうれしいですね。

投稿: NightWalker | 2012年1月29日 (日) 14時57分

こんにちは。5)に関連して、”闇”情報提供(汗)。企業型401Kで最安は、昔は三井住友外国株式インデックスS(0.1785%)。今は中央三井インデックスコレクション(外国株式・0.168%)が最安。さてどこの会社で使っているか?まずは、このファンドの預かり残高の図を参照(↓)。2011年6月末前後に突如、20億円あたりにジャンプ・アップ。大企業の401Kを契約したことが伺える。個人型では有り得ない預り残高の増え方。
http://www.cmam.co.jp/fund/det/index.php?type=2&id=314

次は企業決算を。
http://www.chuden.co.jp/corporate/ir/ir_siryo/kessan/__icsFiles/afieldfile/2011/10/28/2011tanshin2qua.pdf
読むのはp4で、「確定拠出年金移行時差異」と。2011年度に中部電力企業年金がボロボロで”穴埋め”した後、従業員の運用責任で401Kへ移行したと。つまり、2011年度、恐らく株主総会あたりの6月末、給料日あたりから運用開始。さらに、とある企業型401kのログインホームページ発見(↓)!
http://www.chuomitsui-asset.jp/dc/chuden/
URLのアドレス、中央三井-中部電力の企業型DC(401K)と推測できる。最近、中部電力が401Kを導入した。この管理機関は中央三井。しかも、導入時期と最安ファンドの預り残高が突如増えた時期が一致。このファンドの販売会社は中央三井。

これらの状況証拠を繋ぎ合わせると・・・。中部電力社員が日本の会社で最も恵まれている企業型401Kの利用者と推測するのは正しいか?

まあ、本人達はそんなこと、気付いていないだろうね。「浜岡原発、どないすんねん?火力続けたら、赤字やで。経産省、値上げ早よう認めんかな。あ~、もう、このボケ!」で頭がイッパイだろうね(笑)。

投稿: Werder Bremen | 2012年1月29日 (日) 16時50分

NightWalkerさん

こんばんわ。

確定拠出年金法では本制度導入時に労使同意の規約を厚生労働大臣へ届出、承認が必要です。変更時も同等で、規約を改正しないとマッチング拠出はできないですよ、という話になりそうです。

道のりは若干遠そうですね。。。

投稿: ほまれ | 2012年1月29日 (日) 19時17分

>Werder Bremen様

 しゅ、執念の調査ですね(^^;)。おみそれしました。

>ほまれ様
 早ければ今年中に制度導入するところが出てくるかどうかですね。↓
 http://pension.blog88.fc2.com/blog-entry-643.html

投稿: NightWalker | 2012年1月30日 (月) 22時30分

>早ければ今年中に制度導入するところが出てくるかどうかですね。

そうなんですよ。マッチング拠出だけじゃなく、投信の追加設定、新規の企業型DC導入まで企業側だけじゃなく、労組に説明。労働組合員(社員)の同意を得る必要がある。だから、新興国株式インデックスファンド、1本追加するのも一苦労。組合員の中には、401Kどころか、投資=博打=危険と考える人達もいるから説得が大変。ところでこんな会社なら、説明なしで?昨年暮れに、反対票ゼロ、満場一致でスピィーディーに決着したみたい(↓)。
http://www.nomuraholdings.com/jp/news/nr/nsc/20111227/20111227.html
労組=”全”労働組合員(”全”社員)=博徒(爆)!

投稿: Werder Bremen | 2012年1月30日 (月) 23時19分

Werder Bremen 様

>組合員の中には、401Kどころか、
 そうなんですよねー。

 しかし、さすがN社さん!爆笑しました。

投稿: NightWalker | 2012年1月30日 (月) 23時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/53832542

この記事へのトラックバック一覧です: 退職金・企業年金を組み入れた老後資金の準備:

« さわかみファンド 2011のパフォーマンス | トップページ | いよいよ毎月分配型投信の終焉の時? »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。確定拠出年金も魅力的。使いやすいサイトも特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ17年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.