« Money Look Web版への移行 | トップページ | 東証配当フォーカス100指数 配当利回り(平成24年1月31日現在) »

2012年1月18日 (水)

MONEX ONE も再挑戦

 さて、MONEY LOOK(Web版)に無事、移行できましたが、もうひとつマネックス証券がリリースしているMONEX ONEを再トライしてみました。

 

  以前書いたエントリー↓

 

 基本的には、素晴らしいツール。

 MONEV VISIONと連携できるところがいいですよね。

 問題は、以前使った時に改善が望まれるなあと思った

  • 海外ETFの口座への対応
  • Exce(Csv)lへの出力

 に、残念ながら、いまだ未対応だったこと。(ちなみにその後セゾン投信には対応していました)

 各社の海外ETF口座には、対応してほしいなあ.

 見栄えがいものすごくいいだけにおしいツールです。

 やはり、私としては、MoneyLookを使いこなすしかなさそうです。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« Money Look Web版への移行 | トップページ | 東証配当フォーカス100指数 配当利回り(平成24年1月31日現在) »

コメント

私もMONEY LOOK(アプリ版)のユーザのひとりでWeb版への移行は未実施です。

少々不安なのが、資産状況が暗号化されている、と説明があるのですが、復号鍵はユーザ側で設定したものが使われているのが確認できていないこと。

オンラインストレージサービス『Dropbox』の場合もこの点が問題で、暗号鍵がユーザ側にはなく、Dropbox側にあること、その気になれば、Dropbox側で復号ができ、平文に=ユーザのデータを参照可能な状態にできるようです。

MoneyLookではどうなっているか、どこかに明記されていたのかな。

投稿: echiDNA | 2012年1月19日 (木) 06時30分

echiDNA様
 コメントありがとうございます。
 ログイン情報は、PC上のようですが、たしかに複合鍵については明記がないみたいですね。

 https://www.moneylook.jp/info/lp/mly#security

投稿: NightWalker | 2012年1月19日 (木) 22時26分

その後、MoneyLookサポートに問い合わせしてみました。
資産情報データベースおよび利用者情報データベースの暗号鍵はMoneyLook側が管理しているようです。
さらに、
これらの情報を個人を特定できない方法をとりながら、利用することがある、
第三者に提供することがある、
これは、利用規約第7条第2項にある通り、
との回答でした。

資産情報データベースの資産データを
【利用】することが目的であれば、平文に戻すために、暗号鍵は当然、MoneyLook側になければなりませんよね。
データが暗号化されていては【利用】ができないので。
利用できなくすることが暗号化の目的なのですから。

MoneyLook Web版のセキュリティとは、
利用者が想像しているものとは、ずいぶんと異なっている場合があるのかもしれません。

念のため、
理解に間違いがないかを念押しで確認中です。


追記
個人的には、資産データというカネになる情報を集めるため、わざと公開すべき情報を制限し、MoneyLook側に都合の良いようにユーザを誤解させているように感じます。
スポンサー制度をやめましたし【資産情報】が彼らの収入源になるのでしょうか?

投稿: echiDNA | 2012年1月30日 (月) 23時22分

echiDNA様
 情報ありがとうございます。
 むむむ?な情報ですね。
 ありがとうございました。

投稿: NightWalker | 2012年1月30日 (月) 23時26分

MoneyLook Web版のセキュリティについて、回答が得られました。
・資産情報データベース、利用者データベースの暗号鍵は、MoneyLook側で管理されている。
よって、
資産情報データベース、利用者データベースの情報を平文に復号することができる。
・資産情報を第三者へ提供する。(ことができる)

資産情報と利用者情報とは別のデータベースで管理し、利用する場合は個人を特定できない
との説明はありますが、
私は、利用を控えたいと思います。

投稿: echiDNA | 2012年2月 2日 (木) 23時22分

echiDNA 様
 情報ありがとうございました!
 なるほど、そういう仕掛けだったんですね。

投稿: NightWalker | 2012年2月 2日 (木) 23時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/53768940

この記事へのトラックバック一覧です: MONEX ONE も再挑戦:

« Money Look Web版への移行 | トップページ | 東証配当フォーカス100指数 配当利回り(平成24年1月31日現在) »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.