« CMAM とSTAMとeMAXISの2011年を比較してみる | トップページ | 時々みかけるインデックス投資に対する批判 »

2012年1月12日 (木)

IVVとEFAの比率の変化 2007/末-2011/末

 今をときめく海外ETFですが、初めて私が買ったのが、IVVとEFAで、1:1の比率になるように買いました。

  自分のポートフォリオを部分的に見てみるだけでトレンドがわかるわけで、ふと思いつき、その後の経過をグラフ化してみました。

 その後、同ETFは買い増してきませんでしたので、何も起きていなければ、1:1のままのはずです。

20120111

 なるほど。

 EFAの比率がぐんぐん減っていくのがわかります。

 もし、これが全ポートフォリオなら、リバランスしてもいいぐらいの比率です。

 もちろん、局所最適化はよくないと言われていますので、リバランスをするのはポートフォリオ全体の比率を見てしないといけないですね。

 米国株を売りたい気持ちはとりあえずぐっと抑えておくことにします(笑)。

 それにしてもリーマンショックの発信源の米国の株が、焼け太りというか、プレゼンスを増していくのは何とも不思議な話ですね。

 

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« CMAM とSTAMとeMAXISの2011年を比較してみる | トップページ | 時々みかけるインデックス投資に対する批判 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/53715699

この記事へのトラックバック一覧です: IVVとEFAの比率の変化 2007/末-2011/末:

« CMAM とSTAMとeMAXISの2011年を比較してみる | トップページ | 時々みかけるインデックス投資に対する批判 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。確定拠出年金も魅力的。使いやすいサイトも特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ17年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.