« VIX指数 2011/12 | トップページ | あけましておめでとうございます »

2011年12月24日 (土)

2011年の米国株

 2011年はいろいろなことがあった年ですが、株式の世界では、米国株の粘り強いパフォーマンスが印象的でした。(まだ、終わってないので急落するかもしれませんが(笑))

 全世界平均VTと比べてみます。

20111225
 

 この軟調な一年で、ドルベースではありますが、なんと+5%のパフォーマンスです。。(まだ、終わってないので急落するかもしれませんが)

 特に8月以降で差が出ています。

 欧州、新興国、もちろん我らがニッポンもダメダメな中、一人勝ちの様相です。

 何が何でも株を上げるという、米国の意思を感じてしまうような動きでした。

 それにしても、どうしようかなー。IVV売って、VTとかに乗り換えようかな・・・(笑)。そんな気がするパフォーマンス差です。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« VIX指数 2011/12 | トップページ | あけましておめでとうございます »

コメント

あつまろです、こんにちは。

ダウ強いですね。マクドナルド、コカコーラ、P&Gなど世界中に進出しているビジネスの強みが発揮されている気がします。

投稿: あつまろ | 2011年12月28日 (水) 00時35分

あつまろ様

 おっしゃるように、ダウが強いのは、そういった銘柄が含まれていることがあるのかもしれませんね。ダウは、市場平均という意味でのインデックスではなく、ある意味、アクティブ投信みたいなものですし。

投稿: NightWalker | 2012年1月 1日 (日) 11時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/53559881

この記事へのトラックバック一覧です: 2011年の米国株:

« VIX指数 2011/12 | トップページ | あけましておめでとうございます »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.