« 外国株式と日本株式はどちらが強いのか? | トップページ | iPhone4S »

2011年10月 5日 (水)

個人としての円高対策をあらためて考える

 さて、円高になってまいりました。

 個人としての円高対策というのはどのようなものがあるのでしょうか。

 思いつくままに書いてみます。

  • 円高に強い資産(円預金(^^;))を組み入れる。
  • この時とばかりに海外資産を買う。
  • この時とばかりに個人輸入に走る。

 他に何かあるかなあ。

 さてさて、ここから、与太話に突入(笑)。

 こんだけ、ゼロ金利でだめなんです。

 そろそろ、円高=国益策を徹底的に練るべき時という気もします。

 以前からある与太話ですが、

  • 思い切って金利を上げて円高誘導。
  • できれば、1ドル=30円、1ユーロ50円ぐらいの超円高を目指してみる。
  • 鉱山や石油、軍需航空産業等、日本が弱いところを買いあさる。
  • 資金は、日銀が輪転機を回して作る。
  • 円高で輸出企業がつぶれないように、輸出企業の優遇策(たとえば、法人税ゼロにするとか)を取るなどあからさまに保護。

 と、あらかたやりつくしたら・・・・

 おもむろに金利を下げて、円安誘導。

  海外資産を活用して大儲け。

 まあ、ここまで、あからさまにやれば、途中で海外がびっくりして、協調介入をしてくれるかもしれません(^^;)。

 以上は非現実的な妄想です。

 しかし、円高については、守りから攻めへ転ずる考え方というのも必要かもしれませんね。  

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

« 外国株式と日本株式はどちらが強いのか? | トップページ | iPhone4S »

コメント

自国の通貨が強くなっているのにメリットを享受できないのは勿体ないのでいろいろ対策を考えたいですね。

投稿: こうちゃん | 2011年10月 9日 (日) 15時13分

こうちゃん様
 そうなんです。
 本来メリットもあるはずなんですよー。

投稿: NightWalker | 2011年10月10日 (月) 18時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/52911043

この記事へのトラックバック一覧です: 個人としての円高対策をあらためて考える:

« 外国株式と日本株式はどちらが強いのか? | トップページ | iPhone4S »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。確定拠出年金も魅力的。使いやすいサイトも特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ17年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.