« 隠れた「お宝商品」 | トップページ | 金の適正価格とは? 2011/9 »

2011年9月21日 (水)

野村アセットマネジメントさんが確定拠出年金向けインデックスファンドの信託報酬を値下げ!!!

 antelopeさんからの情報です。(こちら

琉球銀行で401kしてますが、信託報酬率引き下げのお知らせが来てました。 

2012年4月1日より
野村新興国株式インデックスファンド(確定拠出年金向け)
0.798%(税抜き0.76%)→0.588%(税抜き0.56%)
野村新興国債券インデックスファンド(確定拠出年金向け)
0.7245%(税抜き0.69%)→0.5775%(税抜き0.55%)

  antelopeさん、すごい情報をありがとうございます!!!

野村さんのサイトでは、 

ファンドの純資産総額に年0.798%(税抜年0.76%)以内(平成23年9月16日現在年0.798%(税抜年0.76%))の率を乗じて得た額とします。
なお、平成24年4月1日以降、信託報酬率の変更を予定しております。

と書かれていますね。 

どうやら、その値が明らかになったようです。 

さて、野村さんの確定拠出年金専用ファンドの信託報酬 です。

資産
クラス
ファンド名 信託
報酬
日本
株式
野村DC国内株式インデックスファンド・TOPIX 0.1995%
野村国内株式インデックスファンド・TOPIX(確定拠出年金向け) 0.1995%
野村日経225インデックスファンド(確定拠出年金向け) 0.2625%
日本
債券
野村DC国内債券インデックスファンド・NOMURA-BPI総合 0.1680%
野村国内債券インデックスファンド・NOMURA-BPI総合(確定拠出年金向け) 0.1680%
野村日本国債インデックスファンド(確定拠出年金向け) 0.3150%
外国
株式
野村DC外国株式インデックスファンド・MSCI-KOKUSAI 0.2310%
野村外国株式インデックスファンド・MSCI-KOKUSAI(確定拠出年金向け) 0.2310%
外国
債券
野村DC外国債券インデックスファンド 0.2205%
野村外国債券パッシブファンド(確定拠出年金向け) 0.3675%
野村外国債券インデックスファンド(確定拠出年金向け) 0.2205%
新興国
株式
野村新興国株式インデックスファンド(確定拠出年金向け)

0.7980%
2012/4/1から0.5880%

新興国
債券
野村新興国債券インデックスファンド(確定拠出年金向け) 0.7245%
2012/4/1
から
0.5775%

  整理しますと

  • 基本4資産はもともと安い。
  • 同じ資産クラスでも多少ばらつきがある。

 となります。

 そして、新興国株式&債券クラスの値下げです。

 「野村=高い」というイメージをお持ちの方がいらっしゃるかもしれませんが、確定拠出年金専用ファンドは必ずしもそうではないのです。ETFだって、1306は安いですよね。

 私の記憶が正しければ、もともとは信託報酬が高かったのですが、値下がりしたという経緯があります。

 確定拠出年金専用ファンドは、プロがプロの年金運用者に売るファンドであり一般客と異なり厳しい価格折衝があるものと推定され、おそらく競争原理が働いて、そうなったものと思われます。

 また、野村外国株式インデックスファンド・MSCI-KOKUSAI(確定拠出年金向け)には、このように書かれています。

ファンドの純資産総額に年0.2625%(税抜年0.25%)以内 (平成23年6月23日現在年0.231%(税抜年0.22%))の率を乗じて得た額とします。

 実際の運用成果も還元しているのかな?

 みなさまにぜひ知っておいてほしいのは、上表の水準ぐらいまでは 、  

 まだまだ信託報酬の値下げは可能である

 ということです。

 一般客である我々のリテラシーや意識が高まることにより信託報酬率は下がる可能性がまだまだあるのです。がんばりましょう。

 なにはともあれ、野村さん、ありがとうございました!

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

« 隠れた「お宝商品」 | トップページ | 金の適正価格とは? 2011/9 »

コメント

新興国ものの値下げ幅は大きいですね。
市販のライバルの価格を意識したものなのかもしれませんが、こういう競争は大歓迎です。
あとはそこへ資金が集まることですね。

投稿: 吊られた男 | 2011年9月21日 (水) 14時51分

吊られた男様
 コメントありがとうございます。
 ほんと、大歓迎です(^^)

投稿: NightWalker | 2011年9月21日 (水) 23時20分

こんにちは

ライブドアブログに移転しました。

つきましては、お手数ですがリンクの変更をよろしくお願いいたします。

投稿: レバレッジ君 | 2011年9月24日 (土) 12時08分

レバレッジ君様

 了解です。
 張りなおしておきました!
 今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: NightWalker | 2011年9月25日 (日) 13時21分

いや~、お久しぶりです。昨年は、早期リタイアの特権を活かして、泣く子も黙る”福島”に災害ボランティアへ出動したり、円高ユーロ安を活かして、FCバルセロナ他、欧州で7試合も現地サッカー観戦、梯子したりと激動の一年で、この話題にすっかり乗り遅れました(笑)。私に言わせると「想定通り」の展開です。恐らく、同じカテゴリー、最安の三菱UFJ DC新興国株式インデックスファンド(0.6090%)をターゲット、意識して攻勢掛けてきたと思われます。とかくボッタくりと悪評高き野村ですが、こと、401K分野では割と良心的なのが不思議なところではあります。野村アセット、DC専用パッシブ投信のところを見ると”以前から”運用途中で値下げしているファンドは多々あります。ヴァンガード方式?この件と関連して、昨年、夏頃に日経の記事を書くのに田村さんから取材を受けたのですが、田村さん曰く、野村内部には、通貨選択型投信なんてボッタくり商品を売り付ける肉食系と、割と良心的な草食系が存在するようだと。まさに同じ政党内でもTPP、増税賛成、反対とか右派VS左派みたいな感じ。その力関係が相場状況によって、右派が強くなったり、左派が強くなったりするみたいだと、面白い話をしていました(笑)。

(注)福島と言っても原発復旧工事じゃないですよ、念の為!原発から50Km離れた小さな漁師町で瓦礫撤去、手伝ってきました。たった2日間で足腰に来て撤退。寄る年波には勝てませんでした(汗)。

投稿: Werder Bremen | 2012年1月23日 (月) 09時14分

Werder Bremen様

 おおおおおおーーーー!
 お久しぶりですっっ!!

 確定拠出年金に関しては、企業のシェア争いという肉食系の目標が成立します。やはり、一般売りで安くなることを期待したいです。その時こそ草食系の勢力が強くなった時かもしれません。

投稿: NightWalker | 2012年1月23日 (月) 23時35分

>実は、大部値下がりした最近(2012/1現在)、J-REIT・・・
>Werder Bremenさんの読みでは、いかがでしょうか?
>・・・大きな相場の予兆ではないかと期待しています(^^)

 いや~、私は引退(リタイア)した身ですからね。相場予想ですか?若かりし頃は、”相場と戦う”でしたが・・・さはさりながら、米国債、J-REITとか天井ではヒッソリ、売り逃げていますが、まだ片鱗は残っているのかな(汗)。J-REITですか?まあ、あのとき言った900~1000ポイントのボックス相場、膠着状態くらいかな。でもJ-REITは5%程度の配当貰うのが投資目的ですから悪くはないのでは。一部、左派、原理主義者みたいな人達は、「J-REITはガラクタの福袋!」と揶揄して投資に否定的でしたが、私はそうは思っていないので、買いますよ(売りましたけど)。
 但し、バブル警報を出す俺も俺ですが、どこかの投資ブログで、”地震リスク”を声高らかに謳っていたかた、Tさんでしたっけ?いや~、凄いな~(笑)。天井当てなくても、”巨大地震”は当てましたからね。恐れ入りました(汗)。実際、福島で瓦礫撤去のお手伝いに行って、海岸沿いの集落、100軒くらい根こそぎ、コンクリートの土台しか残っていないのを目の当たりにして呆然としました。東京もM7の地震確率、4年以内、70%とかですか?沿岸部、臨海部で想定浸水域のリートってどれくらいあるんですかね?まあ、木造家屋リートなんてないから大丈夫だとは思いますが。それだけですね、心配は。
 因みに私は豪ドル・ディスカウント債でネットりマッタりまた懲りずに、米国債・ゼロクーポン債に続く、2匹目の”ドジョウ”を狙っています。投資目的は勿論、利益もさることながら、某Yさんの

”外債不要論!”

資源国債券は資源高、物価高で利回り上昇しているだけだとか、実効為替レートとか、今の国会議員みたいにグチャグチャ、机上の理論をブチ播けていますけど、まあ現実(結果)がどうでるか?塩爺非課税枠とか、琉銀401k発掘事件とか、節税絡みで利益を増やすのがチーム・カラーですからね、私は。皆の人気者、正義の味方みたいなのを結果を伴って反論できれば”悪役”スター(汗)。反政府ゲリラ色はまだ残っているかな(笑)。
 それよりも、このブログネタの話に戻すと。野村、左派(草食系?)、どうやらやる気出しているのかもしれません。
http://www.hyakugo.co.jp/service/p_kakutei_ichiran.html

http://www.chugin.co.jp/01personal/002manage/0012/pdf/kakuteikyosyutu_kojin_plan2011.pdf

どちらも地銀で儲からない象徴の個人型401K。陳腐化、旧式化していたところに、新興国株式インデックス投入。野村が販売積極化してます。百五銀にはREITも売り込んだみたいです。残高増やす努力はしているのでしょう。肉食系商売では長続きしない。薄利多売でも長い付き合いも大事と気付き始めた兆候かもしれませんね。

長々と書き、失礼しました。

投稿: Werder Bremen | 2012年1月27日 (金) 19時38分

Werder Bremen様

 コメントありがとうございました!
 なるほど、外債!
 さすが、目の付けどころが一味違いますね。

投稿: NightWalker | 2012年1月28日 (土) 10時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/52790787

この記事へのトラックバック一覧です: 野村アセットマネジメントさんが確定拠出年金向けインデックスファンドの信託報酬を値下げ!!!:

« 隠れた「お宝商品」 | トップページ | 金の適正価格とは? 2011/9 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。確定拠出年金も魅力的。使いやすいサイトも特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ17年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.