« インデックス投資が奪う株式市場の活力 | トップページ | コツコツと~く #7 »

2011年7月11日 (月)

ほったらかし投資でいいのか?

 水瀬さんのエントリーです。

  本当にほったらかしでいいのか?

  という問題です。

  これまた、一般人である私としての結論は、明快です。

 サラリーマンは(私は)、

 ほぼ、ほったらかしにせざるを得ない

 のです。

 本業があるから、投資ができるわけです。

 投資に割ける時間は限られています。

 また、サラリーマンが(私が)投資をする意味は、

 ほぼ、リタイヤ資金の運用手段

 にあります。

 したがって、ほったらかしに向いた運用手段をいろいろ考えなければならないのです。

 今のところ私が行きついた主たる方法論は、

  • ドルコスト
  • ローコスト投資
  • 世界分散投資
  • 株式と債券クラスを基本としたアセットアロケーション
  • ポートフォリオおよびマーケット(株価など)の定期監視によるリスク制御
  • リバランス

 です。

 あとは、それぞれの方法論を、具体的にどのように制御するか?何を選択するか?

 ということになるわけですが、ここは、ひとそれぞれ、楽しめるところではないでしょうか

 さて、ほったらかし投資の方法論にもうひとつ加えるなら、

 仲間を作る

 というのを上げさせていただきます。

 ブログを立ち上げるのも一つの手ですよ(^^)。

 

 

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« インデックス投資が奪う株式市場の活力 | トップページ | コツコツと~く #7 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/52177239

この記事へのトラックバック一覧です: ほったらかし投資でいいのか?:

« インデックス投資が奪う株式市場の活力 | トップページ | コツコツと~く #7 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.