« 2011/5末のポートフォリオ | トップページ | 楽天、カード子会社売却で1000億円の損失計上 »

2011年6月 2日 (木)

楽天銀行を投資系メイン銀行にしてみる

 さて、マネーブリッジに申し込んだことを機に金融口座のフォーメーションを変更してみることにしました。

基本的な考え方は、

 プール資金を金利の良い楽天銀行普通預金口座に置く

です。

1.基本的なお金の流れ

  給与 ⇒ 楽天銀行 ⇒ 新生銀行 ⇒ 現金

 というところは変えませんが、

 楽天銀行 ⇒ 新生銀行の金額を減らし、新生銀行さんはお財布口座に徹してもらうことにしました。

2.投信積立のお金の流れ

<変更前>

  SBI証券MRF口座 ⇒ SBI証券で積み立て

<変更後>

  楽天銀行 ⇒ マネックス証券で積み立て

 (「ウェブかんたん銀行つみたて」)

 「SBI証券さん、さようなら。マネックスさんこんにちは!(笑)」というところ。

 SBIさんとしては、MRFを廃止してハイブリッド預金に誘導したかったのでしょうけど、私は、そういうあからさまな囲い込み政策は残念に思いますので、楽天銀行さんにシフトすることにした次第です。

 もちろん楽天銀行さんも残念なことになるかもしれないのですが、その時はその時で考えたいと思います。

3.キャッシュカード(楽天カード)の引き落とし

<変更前>

 新生銀行から引き落とし

<変更後>

 楽天銀行から引き落とし

 その他の引き落としは、当面放置。

--------

 これらは、Webの手続きで、あっという間に終わりました。

 いい時代ですねーー。

 また、手続きをしていて感じたのは、

 SBI証券のWebに比べ、楽天銀行やマネックス証券のWebユーザーインタフェースは・・・

 圧倒的に使い心地がよい!

 ということでした。システム設計をされたみなさまに感謝です。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

« 2011/5末のポートフォリオ | トップページ | 楽天、カード子会社売却で1000億円の損失計上 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/51830115

この記事へのトラックバック一覧です: 楽天銀行を投資系メイン銀行にしてみる:

« 2011/5末のポートフォリオ | トップページ | 楽天、カード子会社売却で1000億円の損失計上 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。確定拠出年金も魅力的。使いやすいサイトも特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ17年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.