« 復興財源 | トップページ | トヨタアセット・バンガード海外株式ファンドの純資産総額 2011/4 »

2011年4月16日 (土)

原子力発電所の未来

 hinoさんから、コメントをいただきました。ありがとうございます。

 原発については、いろいろなご意見が出ています。

 ちょっと、自分の今の考えを整理してみようと思いました。

 私は決して原子力反対派ではありません。また原子力の専門家でもありませんが、今回のようなブラックスワンが顕在化してしまった以上、原子力発電所は、大幅な設計基準の見直しを迫られると考えます。

   具体的には、以下のような基準です。

  • 原発所在地で直下型マグニチュード9級の地震があっても耐えられること。(地殻変動によりありうる)
  • 50メートルくらいの津波があっても耐えられること。
  • 過去最大の2倍くらいの竜巻があっても耐えられること。
  • ライフサイクルマネージメント計画(設置~運営~廃炉)のない原発は認めないこと。
  • 制御系の電源、あるいは制御系そのものが物理的に破壊された場合でも、原子炉の容器を物理的に取り出して、別の場所で処理するシステムがない限り、運営を認めないこと。
  • 事故発生時の作業用の設備(無人ロボットなど)が無い限り運営を認めないこと。
  • あと、・・・・

  ・・・・・・ちょっと、きびしーかなー(^^;)

  こういう流れになってくると、

 「現在する原子力発電所はすべて廃止!継続するにしても再設計!」

 というような意見が出てくると思われます。

 上記基準があったとしても、原発の設計は可能だとは思うものの抜本的な方式レベルでの再設計と相応の期間 と膨大なコストが必要になるはずです。

 もちろん、新しく設計基準を作ったとしても、それは、新たなブラックスワンの挑戦を受けることになるだけとも言えます。

 人間には、完全な予測はできないのです。

 これが経済合理性に見合うかどうか、各電力会社がそれでも原発を作るかどうかは不明です(笑)。

 なお、私は、原子力とロケットの研究は、絶対にやめてはいけないと思っています。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« 復興財源 | トップページ | トヨタアセット・バンガード海外株式ファンドの純資産総額 2011/4 »

コメント

 こんばんは。
 記事にある条件を満たしそうな原発は、震災前にフランスで提案されていました。簡単に言って”移動能力のない原子力潜水艦”のようなものでしたが。
 まあ、いくら技術的・経済的に可能でも、感情的・政治的に建設は難しいでしょうね、日本だとあと30年ぐらいは。で、それぐらい経つと、日本には原発を必要とするほど電力を消費する需要がなくなっていたりして(笑)

投稿: e | 2011年4月16日 (土) 23時52分

e様
コメントありがとうございます。
>日本だとあと30年ぐらいは
ははは。少子化も悪いことばかりではありませんね。
人口が半分になれば、エネルギーも食料も半分で済みます。

投稿: NightWalker | 2011年4月16日 (土) 23時56分

新規に原子力発電所をつくることは困難あるとは思いますが、逆にこれだけの事故を経験したことで、原子力トラブルに対応するノウハウについての研究や、原子力トラブルに対処できるためのロボット工学についての研究は逆に進むのではないかなぁと思っています。
そうした面で、日本が、世界に貢献できる日が来ればいいかなと思っています。

投稿: 世界のREIT | 2011年4月17日 (日) 06時03分

世界のREIT 様
 コメントありがとうございます。
 今回のことでノウハウを蓄積できたのは、米仏露あたりだったりするかもしれません。
 日本がノウハウを蓄積できるとしたら、原発事故対策に多くのコストを避けるかどうかです。安全対策には莫大なコストがかかります。真剣に計画的に安全設計の見直しが実施できるかどうかが、当局と国民(コストを背負うのは国民です)に問われていますね。

投稿: NightWalker | 2011年4月17日 (日) 10時08分

実用には未熟すぎると感じることからどちらかと言うと原発には否定的であり、所謂再生可能エネルギーに期待している立場です。投資に関しても可能な範囲で原発関連と軍需関連を除外し、再生可能エネルギー関連には積極的に投資しています。

今後の原子力発電について私は明確な意見は持ちませんが、再生可能エネルギーの必要性を再認識させた国として、是非再生可能エネルギーを積極的に支援推進してほしいものだと思っています。

投稿: TA | 2011年4月17日 (日) 10時52分

コメント採用あざすw(欽ちゃんのハガキ的なノリで

 私も、今回の原発事故に対しては「ブラックスワン」的な要素を感じました。(投資家クラスタには、そういう人は結構いそう)
以下のブログ記事でも、コメント欄に「原発事後=ブラックスワン」という意見があります。(Cloisterさんの意見参照)
≫ 貯金生活。投資生活。 原子力発電所のリスク認知を心理学の観点から考えてみる http://moneyfreedom.blog21.fc2.com/blog-entry-521.html

 結局の所、原発事故の被害を「想定内(予測可能)/想定外(予測不可能)」のどちらと考えるかで、意見が分かれる様に思います。

 ただし、原発賛成派の「原発=コスト安」という意見は、今後、安全対策コストの跳ね上がりが予想される為、そうとう厳しくなるような気がします。それ以外にも、建設地域への根回しコストなども結構掛かる様ですし(この手のコストを除外していた(=負の外部性)から、原発は経済的だった →なんか投信の「隠れコスト」に似てる?)
≫ 原発1基で地元にバラ撒かれる補助金は45年間に2455億円 | ホンネの資産運用セミナー http://genuinvest.net/?eid=1533

 原発のコストが上がって、地味な火力発電が注目されています。でも、火力発電だと地球温暖化が心配…という意見も、でも実は「安価で簡単な」解決策があるようです。
≫ 超ヤバい経済学 - Rubbish diary http://d.hatena.ne.jp/li1y/20101205/1291562222
 
 原発のコストが上がる事で、今までコスト高で不利だった代替えエネルギーも有利に?
風力や太陽光は紹介記事が沢山あると思いますので、それ以外の「ユニーク」な方法について(なんかドラえもんの世界w)
≫ Togetter - 「2011.03.25 「マグネシウム文明論 石油に代わる新エネルギー資源」 twitter公開読書まとめ」 http://togetter.com/li/116090

≫ 痛いニュース(ノ∀`) : 石油を大量生産する藻類、日本で発見…施設できれば、日本の石油輸入量分の生産が可能 - ライブドアブログ http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1576965.html

投稿: hino | 2011年4月17日 (日) 13時50分

TA様

 再生可能エネルギーもまだまだ未熟な状況かもしれませんが、新しい技術革新に期待したいですね。

hono様
 さすが、hinoさん!よく見てらっしゃいますね!

 しかし、原発のコストは、投信の「隠れコスト」どころじゃなくなるかもしれません(^^;)

投稿: NightWalker | 2011年4月17日 (日) 23時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/51401832

この記事へのトラックバック一覧です: 原子力発電所の未来:

« 復興財源 | トップページ | トヨタアセット・バンガード海外株式ファンドの純資産総額 2011/4 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.