« 「最良の日々来る」バフェット氏の楽観 | トップページ | ネット証券4社共同プログラム「資産倍増プロジェクト」始動! »

2011年3月 3日 (木)

東証とNY証取、取引ネットの接続検討中

 日経さんで知りました。

  • 東証とNY証取、取引ネットの接続検討 相互売買に道筋(こちらから)

東京証券取引所とニューヨーク証券取引所を運営するNYSEユーロネクストは1日、両者の取引ネットワークを相互に接続する検討に入ると発表した。相互接続が実現すると、将来は海外の投資家がNYSEの取引ネットワークを通じ東証の上場銘柄を売買しやすくなる。両者は売買活性化へ同様の相互ネットワークをアジア市場にも拡大することを検討する。

  もしかして、

 東証で、ニューヨーク市場の銘柄が買えるようになっちゃうってこと??

 あの海外ETFも?バフェットさんの会社も??

 いやいや、取引時間(時差)の問題もあります。

 他にもいろいろ課題はありそうです。

 しかし、世界のマーケットが一つになるっていう方向性は、悪くないことに思えます。

 国内市場でしか勝負できないような商品は淘汰されるに違いありませんし。

 年内に結論を出したいと、東証さんもおっしゃってますので、気長に(^^;)待ちたいと思います。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« 「最良の日々来る」バフェット氏の楽観 | トップページ | ネット証券4社共同プログラム「資産倍増プロジェクト」始動! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/51015065

この記事へのトラックバック一覧です: 東証とNY証取、取引ネットの接続検討中:

« 「最良の日々来る」バフェット氏の楽観 | トップページ | ネット証券4社共同プログラム「資産倍増プロジェクト」始動! »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.