« MONEX ONE + MONEX VISIONβをさっそく使ってみる | トップページ | 住信SBIネット銀行さん 預金残高1兆5000億円突破のお知らせ »

2011年1月19日 (水)

半値になっても儲かる「つみたて投資」

 半値になっても儲かる「つみたて投資」という本が評判になっているので読んでみました。

 この本は、つみたて投資について、徹底的に追及している本です。

 ものすごくたくさんの(ほんとにいっぱいです)数値検証の背景があって書かれた本で大変読みごたえがありました。

 積み立て投資を実践している方(私もです(^^;))の最高の応援歌になるのではないでしょうか?

 この本については、ファンドの海さんの記事が大変参考になりますのでご紹介します。 ぜひ、ご参考に。

 ドルコストについては、

  • 下がって上がる局面に強い一方、「上がり続ける局面」と「長期に下がり続ける局面」には弱い。(いうまでもなく、上がり続ける場合はバイ&ホールド、下がり続ける場合は、お休み(買わない)が有利です)
  • リスクは低下するが、その分リターンも減る。

 もろもろの結果、積み立て投資(ドルコスト)は、山崎元さん流に言うなら「損でも得でもない」ということなんですね。

 私は、ドルコストについて次のように考えています。

  サラリーマンの蓄財とはそういうものである。

 サラリーマンは、少しずつ積み立てるしかないんです。

 であれば、それを、いかに前向きに考えるかが重要だと思っています。

 てなわけで、ドルコストが「損でも得でもない」のなら、本書で述べられている「ストレス抑制効果」の分だけお得!と思うことにしています(^^) 

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« MONEX ONE + MONEX VISIONβをさっそく使ってみる | トップページ | 住信SBIネット銀行さん 預金残高1兆5000億円突破のお知らせ »

コメント

内容以前にタイトルで読む気を無くした一冊です。(笑)最近積立投資を扱った本をよく目にするようになりましたが、私が気になるのは、リスクについてどれだけ現実的に記述されているか?読者が積立投資なら必ず儲かると勘違いする内容になっていないかくらいです。
長期分散投資の知識を得るなら山崎さんの本一冊で充分だと思っているし、それ以上のコストをかけるのは本末転倒になると思っているので購入する気にはなかなかなれませんが…。

投稿: TA | 2011年1月19日 (水) 08時50分

著者です。ご覧頂きありがとうございます。また六本木でお会いしましょう!

投稿: yasuhoshi | 2011年1月20日 (木) 07時27分

皆様コメントありがとうございます。
>TA様
 もちろん読む人次第というところは、当然ありますが、そのような誤解を生む本ではないと思いますよ。一度お手に取ってみては?

>yasuhoshi様
 本屋さんで、しっかり買っちゃいました。力作ですね!また、お会いしましょう。

投稿: NightWalker | 2011年1月20日 (木) 23時06分

書評はその評価を疑われないように工夫すべきと考えます。著者と知り合いであれば、何らかの形で、明示しておくべきでないでしょうか。まぁ献本があったわけではないようですが、「また、お会いしましょう」では、人間関係の中でコメントしたようで記事に疑問を感じてしまいます。
とはいえ、Night Walkerさんのブログは私のお気に入りであることに変わりありませんが。

投稿: stern18 | 2011年1月21日 (金) 01時53分

stern18様

 ご助言ありがとうございます。
 おっしゃる通りですね。ご献本いただいた時には、書くようにはしていたのですが、失礼しました。
 これからも、どうぞ、よろしく。

投稿: NightWalker | 2011年1月21日 (金) 06時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/50603819

この記事へのトラックバック一覧です: 半値になっても儲かる「つみたて投資」:

« MONEX ONE + MONEX VISIONβをさっそく使ってみる | トップページ | 住信SBIネット銀行さん 預金残高1兆5000億円突破のお知らせ »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.