« マネックス証券 Suicaポイントとのポイント交換 | トップページ | リーマンショック後のさわかみファンドと日経平均 »

2010年12月21日 (火)

住信SBIネット銀行 外貨預金の為替コスト改定

 日経さんでも取り上げられてましたが

  • 個人マネー、外貨シフト 円高・新興国成長期待で(こちらから)

 外貨預金、人気があるんですかねえ。

 そういった流れを汲んでのことなのか、住信SBIさんが、外貨為替コストを下げてきました。

通貨 改定後
(片道)
改定前
(片道)
1米ドルあたり 9銭 20銭
1ユーロあたり 15銭 20銭
1英ポンドあたり 40銭 50銭
1豪ドルあたり 40銭 50銭
1NZドルあたり 40銭 50銭
1カナダドルあたり 40銭 50銭
1スイスフランあたり 40銭 50銭
1香港ドルあたり 7銭 10銭

 安くなりました!

 ニュースリリースには、

特定のお客さまのみを対象にした優遇制度等の取扱いではなく、お客さまに等しく提供します。

 銀行の外貨預金をオススメできない代表的な理由に為替コストがあったわけですが、ドル、ユーロなら、もはや、かつてのFXなみのコストですね。

 ちなみに、問題は、ポートフォリオに外貨預金を組み込むべきか?ということですが、 私自身は、個人的見解により、組み込まない、ということにしております(^^;)

 それでは!

 

 

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ

« マネックス証券 Suicaポイントとのポイント交換 | トップページ | リーマンショック後のさわかみファンドと日経平均 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/50355292

この記事へのトラックバック一覧です: 住信SBIネット銀行 外貨預金の為替コスト改定:

« マネックス証券 Suicaポイントとのポイント交換 | トップページ | リーマンショック後のさわかみファンドと日経平均 »

 
 
Copyright © 2005 - 2018 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.