« マネックス証券 Suicaポイントとのポイント交換 | トップページ | リーマンショック後のさわかみファンドと日経平均 »

2010年12月21日 (火)

住信SBIネット銀行 外貨預金の為替コスト改定

 日経さんでも取り上げられてましたが

  • 個人マネー、外貨シフト 円高・新興国成長期待で(こちらから)

 外貨預金、人気があるんですかねえ。

 そういった流れを汲んでのことなのか、住信SBIさんが、外貨為替コストを下げてきました。

通貨 改定後
(片道)
改定前
(片道)
1米ドルあたり 9銭 20銭
1ユーロあたり 15銭 20銭
1英ポンドあたり 40銭 50銭
1豪ドルあたり 40銭 50銭
1NZドルあたり 40銭 50銭
1カナダドルあたり 40銭 50銭
1スイスフランあたり 40銭 50銭
1香港ドルあたり 7銭 10銭

 安くなりました!

 ニュースリリースには、

特定のお客さまのみを対象にした優遇制度等の取扱いではなく、お客さまに等しく提供します。

 銀行の外貨預金をオススメできない代表的な理由に為替コストがあったわけですが、ドル、ユーロなら、もはや、かつてのFXなみのコストですね。

 ちなみに、問題は、ポートフォリオに外貨預金を組み込むべきか?ということですが、 私自身は、個人的見解により、組み込まない、ということにしております(^^;)

 それでは!

 

 

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« マネックス証券 Suicaポイントとのポイント交換 | トップページ | リーマンショック後のさわかみファンドと日経平均 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/50355292

この記事へのトラックバック一覧です: 住信SBIネット銀行 外貨預金の為替コスト改定:

« マネックス証券 Suicaポイントとのポイント交換 | トップページ | リーマンショック後のさわかみファンドと日経平均 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.