« リーマンショック後のさわかみファンドと日経平均 | トップページ | 長期投資に関するシミュレーション 2010 »

2010年12月23日 (木)

個人国債、金利高めに?

 日経さんで知りました。

  • 個人国債、金利高めに 「10年物」民間預金上回る(こちら

 10年物(変動金利型)の金利が

 (変更前) 基準金利マイナス0.8%

 (変更後) 基準金利×0.66%⇒66%(注参照)

  になるようです(2011年7月から)。

 5年物の換金条件も、「2年は換金不可」から「1年で換金可能」になる模様(2012年4月から)。

  マイナス0.66%ではなく ×66%っていうところがポイントです。

  この記事によりますと、

基準金利2.35%程度を境に、低金利の場合は新方式がより有利、高金利の場合は現方式がより有利

  となります。

 わかりづらいので、グラフにすると、こんな感じ(クリックすると大きくなります)。

  横軸が基準金利で、縦軸が利回りです。

20101223

   記事では、

  • 2006年発行の5年物国債の償還が始まるので個人マネーをつなぎとめたい
  • 借り換え、民間資金のシフトがあるかもしれない。

 などを指摘しています。

 懸念事項は、変動10年の方式変更が、2011年7月からであること。

 このときまでに、

 基準金利(長期金利)が急上昇して、2.35%を超えてしまう事態が発生すること

 ですね。

 あり得ることではないかと思います(^^;)。

 国家の財政状況や経済状況を鑑みて、ひょっとすると銀行が国債から株式や海外資産に資金をシフトしてしまうかもしれないです。(もちろん、ひょっとして、ということです。未来はだれにもわかりません(^^;))

<注>

 基準金利×0.66%ではなく、×66% でした。

 水瀬さん、ご指摘ありがとうございました。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« リーマンショック後のさわかみファンドと日経平均 | トップページ | 長期投資に関するシミュレーション 2010 »

コメント

未来は誰にもわかりませんね(笑)。

投稿: レバレッジ君 | 2010年12月23日 (木) 20時50分

私もブログで読者さんから指摘されたのですが、「基準金利×0.66%」じゃなくて「基準金利×0.66」ではないかということです。
たぶん日経新聞の元記事が間違っていると思われます。

投稿: 水瀬 ケンイチ | 2010年12月23日 (木) 22時15分

皆様コメントありがとうございます。

>レバレッジ君様
 ずっと金利が上がらないかもしれませんね(笑)

>水瀬ケンイチ様
 間違ってますね(^^;)
 実は気が付いていて、グラフは66%で計算してました(^^;)。そのことを書くのを忘れていたのに気付きました。

 ご指摘ありがとうございました!!

投稿: NightWalker | 2010年12月23日 (木) 22時42分

元の文章は(基準金利×0.66)%のつもりなんでしょうね。
まぎらわしいのは間違いないですが。

投稿: HT | 2010年12月24日 (金) 09時09分

HT様
 コメントありがとうございます。
 元の記事直っているみたいですね(^^;)。

投稿: NightWalker | 2010年12月31日 (金) 11時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/50374505

この記事へのトラックバック一覧です: 個人国債、金利高めに?:

» 個人向け国債の商品性見直しは財務省の巧みな戦略 [梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー(インデックス投資実践記)]
財務省は個人向け国債の商品性を見直すと決めたそうです。 【日経新聞2010年12月23日朝刊1面より引用】 個人向け国債金利高めに 10年物 金融機関依存薄める 財務省は22日、個人向け国債の商品性を見直す...... [続きを読む]

受信: 2010年12月23日 (木) 16時12分

» 個人向け国債の金利の変更 [乙川乙彦の投資日記]
 日経新聞12月23日朝刊1面に「個人向け国債金利高めに」という記事がありました。財務省は個人向け国債の金利を改めるということです。 http://www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C93819481E0E0E2E18A8DE0E0E3E0E0E2E3E29F9FEAE2E2E2  この記事に関し…... [続きを読む]

受信: 2010年12月24日 (金) 04時30分

« リーマンショック後のさわかみファンドと日経平均 | トップページ | 長期投資に関するシミュレーション 2010 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.