« 住信SBIネット銀行 外貨預金の為替コスト改定 | トップページ | 個人国債、金利高めに? »

2010年12月22日 (水)

リーマンショック後のさわかみファンドと日経平均

  ふと、思い立ち、リーマンショック後のさわかみファンドと日経平均を比較してみました。

20101221

 おおっ??

 さわかみさん、がんばってます!

 何が良かったのかな(^^;)

  結局、いまだ、ホールド中です。

 持ってて良かったと思うことにしておきます。

  さて、どんなファンドも、(遺産として残すということも当然考えられますが)いずれは売る時が来ます。

 私が、さわかみファンドを売るときは、次の二つの理由のどれかではないかと考えてます。

  1. 日本株が爆上げして、リバランスしたくなった時
  2. ヴィレッジができてしまった時

 1番目の理由であることを願ってやみません(^^;)。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« 住信SBIネット銀行 外貨預金の為替コスト改定 | トップページ | 個人国債、金利高めに? »

コメント

理由の2番って・・・(笑)
さわかみは、リーマンショック後、約300の銘柄を半分くらいにしぼりましたね。

投稿: サバス | 2010年12月23日 (木) 13時27分

サバス様
 コメントありがとうございます。
http://www.sawakami.co.jp/whatsnew/20090415.pdf
 これ↑が契機でしょうかねえ。

投稿: NightWalker | 2010年12月23日 (木) 14時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/50356031

この記事へのトラックバック一覧です: リーマンショック後のさわかみファンドと日経平均:

« 住信SBIネット銀行 外貨預金の為替コスト改定 | トップページ | 個人国債、金利高めに? »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.