« 個人国債、金利高めに? | トップページ | 今年のJ-REIT 2010 »

2010年12月27日 (月)

長期投資に関するシミュレーション 2010

  今年、定年を迎える人が、仮に地道に長期投資をしていたらどうなるか、シミュレーションしてみました。

<条件>

  • 今年定年を迎える人が大学卒業して社会人になった後、毎年年末に100万円ずつ投資
  • 日経平均と現金(利率0%)で1:1のカウチポテト投資をした人と、全額日経平均に投資した人を比較。
  • カウチポテト投資では、毎年、リバランスを実施。
  • 売買コストは無視

20101227

 カウチポテトの方が良い?

 次に、下記の本などで良く取り上げられる年齢ごとに比率を変える方法ではどうなるでしょうか?(債券比率を 20代20%、30代30%、40代40%、50代以降50%とする)

201012272

 若いころにバブルがあった世代の方は、若いころの積極投資と壮年期のリスク低減が結果的にいい方向に作用したみたいです。いわゆる結果オーライ。

 本シミュレーションは、

  • インフレを加味しないといけない
  • 若いころから、同じ金額を積み立てられるというのは、非現実的。
  • バブル期に入社した人は、若いころの積極投資が逆に作用してしまうが、このシミュレーションは、あと20年くらいしないとできない(^^;)
  • 現金の利率は、預金金利のシミュレーションまで素人計算ではできなかったため、0%としたが、実際には、金利が付いており、債券投資をした場合(上記でいえば全額株式以外の投資ケース)の全体の収益はもう少し高くなる。

 等の課題を抱えており、今後を占ったり、投資方法を決定するために、使ってはいけないのですが、有限の人生における長期投資というものの難しいんだなあ、と改めて思った次第です。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« 個人国債、金利高めに? | トップページ | 今年のJ-REIT 2010 »

コメント

こんにちは、ちょくちょく拝見し、参考にさせていただいております。
いろいろと考えさせられるグラフですね。後学のために自分でも数値の推移を表にしてグラフを作成してみました(日経平均と現金で1:1)。表からもいろんなことを考えさせられます。投資の開始年齢を遅らせた表も作ってみたり。投資期間が長ければパフォーマンスも良くなるというものでもないようですね。
気になったものの1つにリバランスに必要な金額があります。ある程度の期間、投資を継続した後に株価が大きく下がるとリバランスに大金が必要になるのですね(「現金」から引き出して「株式」を大量に買うことになりますね)。果たして株価が下がっているタイミングで何百万円も「株式」を買う勇気を持てるでしょうか。ビビリの私には無理っぽいなあ。自分に言い聞かせて実行したとしても株価が上昇するまではかなりのストレスでしょう。何かいい方法が見つかると良いのですが…。

これからインデックス投資を始めようかと考えている方はこのグラフをじっくりと検討してみるのが、できれば作成してみるのが良いように思いました。

ためになる記事をありがとうございました。

投稿: トラジィ | 2010年12月29日 (水) 16時24分

非常に興味深いです。

インデックスブロガー御用達の

長期投資&ドルコスト&低コストでも利益が出ないことがあると再確認できました。

長期投資&ドルコストでボラティリティは小さくできるけど確実なリターンは保証されないと初心に戻れました。

投稿: Black bullet | 2010年12月31日 (金) 10時07分

皆様コメントありがとうございます。
>トラジィ様
 1:1のポートフォリオは、株式の買い増し資金ともなりますね。国内債券の多くを短期債券で運用している人も多いはずです。ドルコストの増額なんかも方法論の一つです。
>できれば作成してみる
 まさにその通りだと思ってます。

>Black bullet様
>長期投資&ドルコスト&低コストでも利益が出ないことがある
 私自身の長期投資に関する考えは、

 長期投資は50年以上やれば、かなりの確率で儲かる(かもしれない)。100年だったら、さらにその確度は上がる。

 です(^^;)。

 「バリュー投資を勉強すれば、バフェットさんのようになれる」とか、「チャートをよく読めば儲かる」という考え方が危険なように、「デイトレードはだめだ、長期投資だから儲かる」という考え方も危険である、というのがこのブログのメッセージの一つですので、このテーマはたまに取り上げたいと思ってます。

 では、なぜ、私が長期投資だ、と言っているかというと、

 他に老後の資産形成の方法がない

 からです。

 であれば、いかに船が沈まないように航行し続けるか?ということが必要になってくるわけで、その要素が、ドルコストだったり、ローコスト投信だったり、アセットアロケーションだったり、時には、チャートによる相場過熱のチェックだったりするわけですね。

投稿: NightWalker | 2010年12月31日 (金) 11時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/50409989

この記事へのトラックバック一覧です: 長期投資に関するシミュレーション 2010:

» 長期投資思ったより儲からない・・・? [20代から始める超長期投資]
NightWalker's Investment さんが非常に興味深い記事をお書きになっておりました。 今年、定年を迎える人が、仮に地道に長期投資をしていたらどうなるか、シミュレーションしてみました。というもの。 ...... [続きを読む]

受信: 2010年12月31日 (金) 09時48分

« 個人国債、金利高めに? | トップページ | 今年のJ-REIT 2010 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.