« VIX指数が12月、大証に上場 | トップページ | 法人税減税 2010 »

2010年11月28日 (日)

インドネシア、タイ、フィリピンの海外ETF

  世界の国々にまんべんなく投資していて、時に頭の片隅をかすめるのが、

   投資した国々と仲良くやっていけるのか?

  ということです。

 特にインデックスファンドによる世界分散投資だと、有無を言わさず、ほとんどすべての国の、ほとんどすべての企業に、もれなく投資しちゃいますからねー。(投資比率の話はあるにせよ、です)

 この、「もれなく投資しちゃう」という、インデックス投資の宿命的問題の中で、意識してしまうのは、

  • 安全保障の問題
  • 人権(≒民主化)の問題

 です。

 SBI証券さん、楽天証券さん、マネックス証券さんが、このたび販売開始する、インドネシア、タイ、フィリピンのETFは、そういった意味で、選択肢を増やすことになりますね。(これらの国が、大丈夫と言っているわけではありません・・・と言って、大丈夫じゃないと言っているわけでもありません(^^;))

 でも、時価総額比の低いこれらの国々への個別投資には、ローコストのインデックスファンドが欲しいなあ、と思ったりもします。

  ちなみに発売されるのは、この3本。信託報酬は、いずれも0.65%です。

  • iシェアーズR MSCI インドネシア・インベスタブル・マーケット・インデックス・ファンド(EIDO)
  • iシェアーズR MSCI タイ・インベスタブル・マーケット・インデックス・ファンド(THD)
  • iシェアーズR MSCI フィリピン ・インベスタブル・マーケット・インデックス ・ファンド(EPHE)

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ

« VIX指数が12月、大証に上場 | トップページ | 法人税減税 2010 »

コメント

新興国から中韓露を外したいので、中南米(ILF)
とインドのETFを買っていますが、できれば東南
アジアも入れたいと思っています。
でも国別に集めるとなると・・・
ASEAN ETF出してくれたら一発だったんですが。
残念

投稿: 遠藤ヨウイチ | 2010年11月28日 (日) 13時58分

私もその事考えて、現在は先進国株式のインデックスファンドにしか投資してません。
中韓露除くの新興国ファンドがあれば手を出したいですね。

投稿: Bobおじさん | 2010年11月28日 (日) 14時27分

皆様コメントありがとうございます。

>遠藤ヨウイチ様
 たしかに、ASEAN ETFがあると選択肢が増えていいですね。

>Bobおじさん様
 適切な投資法がない現在、エマージングごと投資しないというのも、ひとつの手ですね。私も検討します。

投稿: NightWalker | 2010年11月28日 (日) 22時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/50151297

この記事へのトラックバック一覧です: インドネシア、タイ、フィリピンの海外ETF:

« VIX指数が12月、大証に上場 | トップページ | 法人税減税 2010 »

 
 
Copyright © 2005 - 2018 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.