« 山崎道場 | トップページ | 日銀さんの「包括的な金融緩和政策」 »

2010年10月 4日 (月)

インデックス・ファンドを評価する方法

  二日連続ですが、山崎さんです。

筆者は、現在、ある個人投資家と共著でインデックス投資の本を書いている。先日、出版社の会議室に出向いて行った打ち合わせで、インデックス・ファンドの具体的商品をどう評価したらいいか、という話になった。

  着々と執筆が進んでいるようですね!(こちら

  楽しみです(^o^)・・・・・・・・・って、反応するところが、本題と違ーーう(笑)。

  ・・・で、本題のインデックスファンドの評価観点ですが、なんといっても、

 手数料(コスト)

 です!

 リターンは不確実な上に消費者責任ですが、コストは確実に金融機関に支払われます。

 さすがプロの観点だなあと思ったのは、「下方バイアス(運用の上手い下手)」。いつも下にぶれてては、ダメというわけです。

 というか、そういうファンドは、長期のパフォーマンスが低下するのでは?(^^;)。

 トラッキングエラーにせよ、パフォーマンスにせよ、5年ぐらいの累積期間で複数のファンドを比較したいところです。

 そういう意味もあって、私としては、

 ファンドの年齢

 というのも重要視したいと思います。

 記事中では、「純資産額」というのが、その大きな影響因子と思います

 STAMシリーズもe-MAXISシリーズも出たばかり。まだまだ、これからです。

 ところで、インデックスファンドではなく、直販ファンドだったら、評価観点は、どうなるんでしょう。

 うーーん、やっぱり

 志し!

 かな(^^;)。

 それでは!

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

« 山崎道場 | トップページ | 日銀さんの「包括的な金融緩和政策」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/49649138

この記事へのトラックバック一覧です: インデックス・ファンドを評価する方法:

« 山崎道場 | トップページ | 日銀さんの「包括的な金融緩和政策」 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。確定拠出年金も魅力的。使いやすいサイトも特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ17年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.