« 日本倒産 あなたは消費税30%に耐えられますか | トップページ | Vanguard Wellesley Income (VWINX) 2010/07 »

2010年7月13日 (火)

投資教育の担い手は誰が適任か?

  山崎元さんです。

 現在、投資教育を行っているのは、金融機関が多いわけですが、この理由の一つに、教育は無料ではない、ということがあります。

 わざわざ、お金を払ってまで投資教育を受けたいというニーズは、一般に低いと思われます(そもそもここが問題かもしれませんが)。

 よって、無料で開催しても宣伝費で落とせる金融機関主催のセミナーが多くなってしまうという構造があります。

 また、今の学校では、お金儲けについて積極的に教えていません。

 それどころか、お金儲けは悪いことであるというような思想も背景にあるように思われます。

 日本の教育では、英語教育と並んで、金融(経済)教育の充実が、重要な課題なのかもしれませんね。

 国民が、お金を稼いでくれないことには、税金も払えないんですよ(^^;)。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

« 日本倒産 あなたは消費税30%に耐えられますか | トップページ | Vanguard Wellesley Income (VWINX) 2010/07 »

コメント

こんばんは。
「誰が教えるか」「誰が負担するか」「何を教えるか」はどれも重要な問題ですよね。確かに山崎さんのおっしゃるとおり学校なら数学が一番近いですね。
個人的には今こうしてネット社会が広がっているので、そうした口コミみたいなので優良本が教科書のようになって広がればいいな、なんて思っています。
と書いていて思い出しましたが、木村剛さんが立件されるそうですね。ショックです。

投稿: 田舎のKen | 2010年7月13日 (火) 20時18分

田舎のKen様
 コメントありがとうございます。
 私は、この5年、いろいろな投資本を紹介してきましたが、投資戦略の発想法は、紹介しませんでした。購入してないからなんですが(^^;)。

投稿: NightWalker | 2010年7月14日 (水) 00時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/48862669

この記事へのトラックバック一覧です: 投資教育の担い手は誰が適任か?:

« 日本倒産 あなたは消費税30%に耐えられますか | トップページ | Vanguard Wellesley Income (VWINX) 2010/07 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。確定拠出年金も魅力的。使いやすいサイトも特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ17年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.