« 『eMAXIS 全世界株式インデックス』の設定について | トップページ | STAM 日経225インデックス・オープン »

2010年7月 4日 (日)

2010/06末のポートフォリオ

 2010/06末のポートフォリオです。

20100704

  じわじわ、株式比率が下がってます。

 二番底ですかねー。

 政府要職にあるみなさまは、二番底がなくなったなどということは、みだりに言ってはいけませんねー。二番底が来るとも、みだりに言ってはいけませんねーー。・・・大変ですねーーー(^^;)

 二番底が来ると、サラリーマンとしても困りますが、国の来年度予算も困ります。税収が減っちゃいますから。

 頼みの個人の現金性資産も、残りが少なくなってきているわけで。

  • 税収安定化のための直間比率の見直し
  • 小さな政府の実現(「民間のお金⇒銀行⇒国債⇒経済活性化施策でまた民間へ」よりも「民間のお金⇒民間へ」の方が、私は、好きです。)

 などが、望まれます。

 まあ、そんなことをぼやいていても仕方がありません(^^;)。

 こういうときは、じっと、ドルコスト+少しずつ買い増しです。

 信託報酬の安いインデックスファンドが増えたことは喜ばしい限りです。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

« 『eMAXIS 全世界株式インデックス』の設定について | トップページ | STAM 日経225インデックス・オープン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/48794064

この記事へのトラックバック一覧です: 2010/06末のポートフォリオ:

« 『eMAXIS 全世界株式インデックス』の設定について | トップページ | STAM 日経225インデックス・オープン »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。確定拠出年金も魅力的。使いやすいサイトも特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ17年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.