« Vanguard Wellesley Income (VWINX) 2010/07 | トップページ | 選挙 一週間後の株価 »

2010年7月15日 (木)

日銀法改正 2010

  選挙後、最も注目していることが、これです。

 じわじわ、インフレターゲットを要求されていくんでしょうかね~。

  日銀の使命について、私なりに整理してみると、

  • 日銀の使命は、物価の安定と金融システムの安定にある
  • 上記の使命を果たすことが、日銀の独立性(政府に介入されない)の条件でもある

 さて、問題は、物価の安定の定義です。

  • 物価の安定についての目標数値がない、あるいは、相当ゆるい
  • そんなのずるいずるい~

 というご意見があるわけです。

  これに対する日銀の現在の言い分を、私なりに整理してみると、

  • 現在のデフレの主たる要因は需給ギャップにあり、日銀のコントロールできる範囲ではない。
  • 金利は目いっぱい下げているつもりである
  • よって、デフレの責任を日銀にだけ押し付けるなんてずるいよ~(えーーん)

 というところなんでしょうか。

 日銀法の改正=株価爆上げ

 と見る方もいらっしゃいますが、さて、どうなるんでしょうか・・・・・おっと、ドルコスト、ドルコストっと(^^;)。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

« Vanguard Wellesley Income (VWINX) 2010/07 | トップページ | 選挙 一週間後の株価 »

コメント

ウーーン、これは徳政令と国債買取によるインフレ誘導に見えますね。

一時的にせよ、景気がよくなったように見えて、国の借金も減らすにはこいつが一番というのは、江戸時代の藩札の歴史以来かも知れませんが・・・。

たいていは、おかしな事になって終わったような気がしますけど。

投稿: おじさん | 2010年7月16日 (金) 22時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/48879185

この記事へのトラックバック一覧です: 日銀法改正 2010:

« Vanguard Wellesley Income (VWINX) 2010/07 | トップページ | 選挙 一週間後の株価 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。確定拠出年金も魅力的。使いやすいサイトも特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ17年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.