« 相場が急変した時にしてみること | トップページ | ユーロ復活 2010/5 »

2010年5月10日 (月)

日本国債の行方

 ぷれでたさんからコメントいただきました。

日本国債も危ないんだーと言う連中も出てきてますがどう思います?

  難しいですが、自分の考えをちょっと整理してみました。

  • 長期金利急上昇の直前は、財務省は、「大丈夫」「必ず守る」だと言うことが多い(気がする)
  • 国+家計+企業の資産総和が、プラスのうちは、大丈夫(であって欲しい)

 というわけで、今はまだ大丈夫そうです。

 今後は、

  • 余力のあるうちに、まずプライマリーバランスをトントンにする。そのためには人口減も踏まえてより小さな政府を目指す必要がある。必須。
  • 対外経常収支を維持するため国際競争力のある企業を育成する政策を取る(国土の狭い日本で安易な内需期待はいけない)
  • 新成長産業を育成する施策は重要である。(そういう意味での内需は重要)
  • 新成長産業は、頭のいい人が考えているようなエコとかスマートグリッドとか医療とかになるとは限らない。新成長産業が何かは、政府は考えるべきではなく、自然発生するような政策(規制緩和や減税の類)をすることに注力。

 ・・・てなことができれば、大丈夫ではないかと考えています。

 ただし、輸出産業や大企業をとにかくダメ、とか、困ったら国が助けるべきで大きな政府が大好きとか、国民のみなさんが考えている場合は、そういう政治家が選ばれ、そういう経営者が経営をして、そういう国家政策がとられるわけです(^^;)。

 この場合は、いずれ、敷居値を超えるときが来ると思います。

  • 不良債権による長期金利上昇、は少しずつではなく急に上がることが多い(気がする)

 私が考える最悪のシナリオは、10年後に金利が急上昇することです。

 そうならないことを祈り・・・いや信じ(^^;)、長期投資を続けたいと思います。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« 相場が急変した時にしてみること | トップページ | ユーロ復活 2010/5 »

コメント

NightWalkerさん、いつも有益な情報ありがとうございます。
今回もわざわざエントリを起こして頂き感謝です。
概ね同感と言うかほぼ問題点は網羅されているような気がします(^^)

>ただし、輸出産業や大企業をとにかくダメ、

資源の無い日本はやはり産業頼りだと思います。
おっしゃるとおりで今の産業をもたせつつ新産業育成ですね。
ただし、私は労働者でもあるのでそちらに対してあんまり厳しい政策もなあと思ったりします。

>私が考える最悪のシナリオは、10年後に金利が急上昇することです。
>そうならないことを祈り・・・いや信じ(^^;)、長期投資を続けたいと思います。

金利はある程度上がらざると得ないと思います。(円安もくるかも)
産業がある程度頑張れば国家破綻までは行かないでしょう。
私も海外にもバランスよく投資してればなんとか乗り切れると期待して長期投資ですね。

投稿: ぷれでた | 2010年5月10日 (月) 20時12分

ぷれでた様

 金利(≒物価)は、急上昇ではなく、緩やかに上がってほしいものです(^^;)。

投稿: NightWalker | 2010年5月10日 (月) 23時26分

いつも勉強させていただいております。

政府はインフレ政策の誘惑を逃れられないでしょうね。ある程度の、インフレ・金利上昇は仕方がないでしょう。極端なことにならないことを祈りたいところです。

投稿: おじさん | 2010年5月11日 (火) 16時05分

おじさん様
>極端なことにならない
 小さい政府政策と日銀さんの連携にかかっております。

投稿: NightWalker | 2010年5月15日 (土) 23時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/48320588

この記事へのトラックバック一覧です: 日本国債の行方:

« 相場が急変した時にしてみること | トップページ | ユーロ復活 2010/5 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.