« 日本国債の行方 | トップページ | World Investors Travel Cafe 2010/5 »

2010年5月11日 (火)

ユーロ復活 2010/5

   なんというか、 ベホマズンというかフェニックスの尾というのか(^^;)

 強制カンフル剤注入でした。

  一気に3本注入。

  1. 融資枠7500億ユーロ=ユーロ5000億+IMF2500億
  2. 緊急ドル供給、どーーん。
  3. 欧州中銀が、どかんと債券介入(国債購入)

 特に3番目。

 日米からすれば、

  「ユーロのことはユーロでちゃんとしてよねーー。」

  「こっちまで、とばっちりが来るようじゃ困るんだよねーーー」

  「今回は大目に見て後方支援してやるけどねーーーーー」

 ・・・・って、わかってるよね!?

 「自分でできることは、いくらでもあるでしょっ!」

 となると、欧州としては

 「やべっ・・・・喧嘩してる場合じゃないじゃん。」

 「みんなで債券買わないと、後で、どんなことに・・・。」

 すみません、以上は妄想でした(^^;)。

 まあ、EMF(ユーロ圏内のIMF)なんて作らなくても、現状の枠組みでここまでできるということだったんですね。

 やれやれ、「ユーロやめたら!」とG7とかで、日米に言われな いで済みそうです。よかったです。

 というわけで、長期投資の旅は続きます(^^;)。

 とりあえず、ここしばらくのVIX指数。

20100511

  急上昇しておりました。今日は、28.84に低下。

  まだ、安心とは、言いきれません。今後も当局は、マーケットと戦い続けなければならない・・・というか、よろしくお願いいたします(^^;)。

  

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« 日本国債の行方 | トップページ | World Investors Travel Cafe 2010/5 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/48327188

この記事へのトラックバック一覧です: ユーロ復活 2010/5:

« 日本国債の行方 | トップページ | World Investors Travel Cafe 2010/5 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。確定拠出年金も魅力的。使いやすいサイトも特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ17年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.