« セゾン・バンガード・ グローバルバランスファンド 資産総額300億円 突破! | トップページ | 梅屋敷インデックス懇談会 2010/4 »

2010年4月24日 (土)

インデックスファンドの信託報酬は、どこまで下がるのか? 2010/4

 インデックスファンドの信託報酬が、どんどん下がってます。

 消費者という立場ではとてもうれしい限りなのですが、いったいどこまで下がるのでしょうか?

 現時点での私の考えを整理しておきます。

  • 確定拠出年金ファンドの一般売りが進む。

 その結果、

  • 外国株式クラスで、0.2%台にまでは下がる。

 と考えてます・・・・というか、期待です。

 確定拠出年金専用ファンドについては、前にも何回か書いた気がしますが、

  • そもそも、特定の人にしか売れない商品というのは、公平性の点から疑問がある。
  • 金融機関あるいは商品のM&Aが進む。
  • 確定拠出型年金の残高増大により運用効率が上がる。
  • 運用会社が直販に(もう一度)チャレンジする。

 といったことが、その根拠・・・というか期待です。

 将来が楽しみですね(^^)!

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« セゾン・バンガード・ グローバルバランスファンド 資産総額300億円 突破! | トップページ | 梅屋敷インデックス懇談会 2010/4 »

コメント

インデックス投資が日本人にある程度根づいて、バンガード・インベストメンツ・ジャパン株式会社が直販またはネット証券を通じて販売すれば、0.2%台というのは実現しそうですね。以前、代表取締役の加藤隆氏が雑誌でその可能性について言及していたことがありました。

投稿: 湊太 | 2010年4月24日 (土) 21時50分

湊太様

 バンガードさんって、今をおいて、日本本格参入のチャンスはないと思います。今後、確定拠出年金の市場リリースが行われてからでは、もはや、時すでに遅しとなるわけで。
 まあ、日本市場はたいしたマーケットではないと思っているかもしれません(笑)。

投稿: NightWalker | 2010年4月25日 (日) 21時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/48166686

この記事へのトラックバック一覧です: インデックスファンドの信託報酬は、どこまで下がるのか? 2010/4:

« セゾン・バンガード・ グローバルバランスファンド 資産総額300億円 突破! | トップページ | 梅屋敷インデックス懇談会 2010/4 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.