« リスク の低減の重要性 | トップページ | 2010/2末のポートフォリオ »

2010年3月 1日 (月)

コストの低減の必要性

 昨日の続きです。長期投資において、重要なのはリスクの低減ともうひとつ。

 コストは、リターンを蝕みます。

 というお話があります。

 (今回は、投資を始めたばかりです、という人のご参考になるかと思って、あえて基本的なことを書きます)

 コストには、売買時に発生するコストと保有コストがありますが、長期投資においては言うまでもなく、保有コストの影響が大きいです。

 インデックスファンドが、なぜよいかということを突き詰めていくと、

  • アクティブファンドよりも保有コストが少ないものが多い

 ということにつきるのかなあ。

 ちなみに、もっとも保有コストの低いものは、

 現物株式や債券(=保有コストゼロ)

 ですが、これらは、個人では、分散投資が大変という問題があります。特に外国への投資の場合、もろもろの手間暇を考えると、ファンドが楽なんですね。

 というわけで、コストの低いファンドを選ばざるを得ないわけです。というか、最近になってようやく海外へのローコスト投資の道が開けてきた、というべきか。10年前に比べると国内の投資事情は大きく改善されており、ネット証券さんの功績は大きいです。

 保有コストの成分は、

  1. 信託報酬
  2. 隠れたコスト(運用にかかる実費やトラッキングエラーなど)
  3. 分配金にかかる税金

 などでしょうか。

 これからインデックス投資を始められる方は、運用報告書をコストの観点で、一度でよいので、眼を皿のようにして読んでみることをオススメします。

 それでは!

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ

« リスク の低減の重要性 | トップページ | 2010/2末のポートフォリオ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/47701128

この記事へのトラックバック一覧です: コストの低減の必要性:

« リスク の低減の重要性 | トップページ | 2010/2末のポートフォリオ »

 
 
Copyright © 2005 - 2018 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.