« 藤巻さんの最近のスタンス | トップページ | コストの低減の必要性 »

2010年2月28日 (日)

リスク の低減の重要性

 資産運用の世界で、リスクと言っているものは、資産価格の変動(ボラティリティ)のことです。

 リスクは、リターンを蝕みます。

  これは、長期投資において大変重要なことです。

 ファンドの海さんが詳しく検証されています。

  下記の本では、「ボラティリティの子鬼」という表現で、注意を促しています。

  リスクを低減する方法で私が取っているのは、

  1. 分散投資、ことにキャッシュを含む日本債券クラスを活用すること
  2. リバランスをする。

 この二つです。(他に方法論があったら、ぜひコメントください。)

 特にリバランスというのは、うまくいったケースにおいては、リターンがゼロでも資産が増大します。たとえば、単にキャッシュと株のリバランスという単純なモデルでも増大しますので、一度、計算してみてください。

 ちなみに、私自身は、リバランス時は、

  1. 売るときは、一気に
  2. 買うときは、ドルコストの積み増しで

 という方法論をとっていますが、これに根拠はあまりありません。

 そういえば、下記の本でも、少しずつリバランスをする方法が紹介されていますね。

   この話は、以前も書きましたが、重要だと思うので、ときどき書きたいと思います。

 過去の長期のリターンをもとに損をする量が減っているという事実を掲げて、「長期投資だから大丈夫」という説明には注意した方が良いです。

 長期投資はリスクが大きいのです。

 しかし、サラリーマンがリタイヤ資金を積み上げる現実的な方法論は、長期投資しかないので、仕方なく長期投資をやっている、と私は考えています。

 長期投資とは、時に悲劇を生むドラマなのです。だとすれば、笑いながら、続けて行った方が良いだろう、というのが、私の考えです(^^)。

< ご参考エントリー>

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« 藤巻さんの最近のスタンス | トップページ | コストの低減の必要性 »

コメント

全く同感です。
これまでの経験はそのことを理解する助けになりました。

資産分散の考えをベースにする場合、やはり長期投資との相性がよさそうだと思ってやっています。

投稿: うさみみ | 2010年2月28日 (日) 16時27分

『バイ・アンド・ホールド時代の終焉』に関心を持ちました。中古で買って読みたいと思います。

投稿: レバレッジ君 | 2010年2月28日 (日) 16時31分

インデックス投資をはじめて一年ほどの初心者(?)です。
こちらのブログではいつも勉強させてもらってます。

>長期投資はリスクが大きいのです。
これは漠然と思ってたんですが、やっぱりそうですか・・・。
それでも長期投資するなら、スタンスというかリバランスのルールを持たないと不安が増すばかりですね。
今年末のリバランスに向けてさらに精進します。

投稿: ひのろ | 2010年2月28日 (日) 19時58分

>>仕方なく長期投資をやっている
激しく同意します

>>笑いながら、続けて行った方が良いだろう
これまた激しく同意(^^)

投稿: 40歳無職 | 2010年3月 1日 (月) 18時35分

皆様コメントありがとうございます。
>うさみみ様
 長期投資の場合は、自分が許容できると考えているよりリスクを低くすべきということが言えると思います。

>レバレッジ君様
 この本は、素直にオススメできる名著ではないんですが、ちょっとしたヒントにはなりました。(だいぶ昔ですけど)

>ひのろ様
 長期投資のリスクは大きいというのは、山崎元さんの主張ですが、私も共感しています。

>40歳無職様
 ご同意ありがとうございます。この気構えなくして、長い人生渡っていけないというのが私の哲学です(笑)。

投稿: NightWalker | 2010年3月 1日 (月) 23時32分

「長期投資はリスクが大きいのです。」
とありますが、この表現では「何」のリスク(標準偏差)が大きいのかが不明なので、
正確には下記のように記述した方が良いのではないでしょうか?


1. 長期投資すれば、累積リターンのリスク(標準偏差)は大きくなる。
2. 長期投資すれば、年平均リターンのリスク(標準偏差)は小さくなる。
3. 投資においては、年平均リターンのリスク(標準偏差)を小さくすることは重要なので、
長期投資を選択するのが良い。


ちなみに「2」については、内藤忍さんがWEB公開しています。
http://www.monexuniv.co.jp/base.html
http://www.monexuniv.co.jp/big.jpg


長期投資の重要性については、
http://myindex.jp/study/3keywords_2.html
の、「3.暴落時の悪影響を吸収できる」もイメージには良いと思います。


あと、「ファンドの海さんの検証」が根本的に違う気がします。
ファンドの海さんは、過去の運用結果と、未来の運用結果を独立事象としているように見えますが、
本来は、従属事象な気がします。。。。。

投稿: L | 2010年3月 2日 (火) 08時44分

L様
 コメントありがとうございます。

> 長期投資すれば、累積リターンのリスク(標準偏差)は大きくなる。

 整理していただきありがとうございます。

 お読みの皆様もご参考にしていただければと思います。

投稿: NightWalker | 2010年3月 2日 (火) 23時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/47665247

この記事へのトラックバック一覧です: リスク の低減の重要性:

« 藤巻さんの最近のスタンス | トップページ | コストの低減の必要性 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.