« 公定歩合引き上げ | トップページ | 藤巻さんの最近のスタンス »

2010年2月24日 (水)

日経、電子版を3月23日創刊

  さて、いつもお世話になっている日経さんですが、前々から、告知されていた日経新聞の電子版の価格が決まったようです。

 サイトはこちら

  価格は、

  • 本紙購読中の人は、1000円/月
  • 電子版のみの人は、4000円/月

  詳しくはこちら

   電子版月極めプランかなあ。

 私は、本紙を宅配契約していますが、内容が本紙と同じ(以上)だったら、電子版だけにしようかなあ、と検討中。

 ニュースを見るのは、ネットの方が楽だし。

 日経さんがこの大胆なチャレンジに成功して、私みたいにネットオンリー読者が増えたりなんかしたら、新聞の販売網は、じわじわと大きな痛手を受けるかもしれませんね。

  どうするかは、これから、ゆっくり考えることに・・・・

  そうそう、話題の1681、本日が発売日でしたね。水瀬さんの記事をご紹介しておきます。

 こちらも、どうするかは、これから、ゆっくり考えることに致します。

 それでは!

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

« 公定歩合引き上げ | トップページ | 藤巻さんの最近のスタンス »

コメント

紙媒体の新聞購読を10年以上前にやめた身からすると、ネットでのニュースサイト有料化が加速することが心配です。。。

投稿: TA | 2010年2月25日 (木) 07時52分

>ネットでのニュースサイト有料化が加速することが心配
有料化が進めば、その分、無料化サイトは集客が有利になるので、抜け駆けして無料化にするサイトが現れるはず(多分)
健全な環境の元では、きっと競争(裁定)が働くと信じてます(≧▽≦)ノ

投稿: hino | 2010年2月25日 (木) 20時24分

皆様コメントありがとうございます。

>TA様、hino様

 私のように情報にお金を払う人がいる一方で、無料派がたくさんいるので、hinoさんのおっしゃるようにFreeビジネスは残ると思っております。

投稿: NightWalker | 2010年2月26日 (金) 00時53分

http://www.nikkei.co.jp/ との差別化はどうするのでしょうかね.http://www.nikkei.co.jp/ には日経新聞の全情報があるのではないかという気がするのですが.

投稿: ガウス | 2010年2月26日 (金) 01時07分

日経電子版について、小飼弾氏のブログでの発言 なるほどと思ったので転記です

日経電子版の価格設定は、「電子版は、読まないでください」ということ 日経の守旧派=紙版は、革新派=電子版の失敗を望んでいる Watching: 404 Blog Not Found:憶測 - 日経電子版の本当の本当の狙い http://bit.ly/ddIelf

投稿: hino | 2010年2月27日 (土) 08時22分

ガウス様
 http://www.nikkei.co.jp/ には、全情報はありません。たとえば、ビジネスマンが多用する人事情報や、投資の特集記事は読めないんですね。ニュースの文章も結構、削られています。

 この辺も含めて、本当に読めるのか、サービス開始してから確認しないといけないな、と思ってます。

hino様
 原理的にネット配信の方が、流通コストの分、安くできるはずです。アップルがiPadでニュース配信をするという話もあり、その価格設定と内容いかんによっては、競争原理が働き、過去のデジタルメディアと同様、急激な価格下落もあり得ます。(まあ、そうなってから乗り換えてもよいのかもしれませんが(笑))

投稿: NightWalker | 2010年2月27日 (土) 12時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/47655269

この記事へのトラックバック一覧です: 日経、電子版を3月23日創刊:

« 公定歩合引き上げ | トップページ | 藤巻さんの最近のスタンス »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。確定拠出年金も魅力的。使いやすいサイトも特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ17年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.