« ヴィレッジ 2010 | トップページ | e-MAXIS とMAXIS »

2010年1月 6日 (水)

MSCIコクサイ、MSCIエマージングに連動するETFが東証に登場!!!

   正月早々、めでたいニュースです!

 「東証さん、アローヘッドもいいけど、まっとうなETFをいい加減に・・・・」と書こうとしていた矢先のお年玉的出来事であります(笑)。

 とうとう、念願の 先進国と新興国のインデックスに連動するETFの登場です。

上場予定日 コード 銘柄名 対象指標
1月29日 1680 上場インデックスファンド海外先進国株式( MSCI-KOKUSAI) MSCI-KOKUSAIインデックス
2月24日 1681 上場インデックスファンド海外新興国株式(MSCIエマージング) MSCI エマージング・マーケット・インデックス

  • ファンドオブファンド形式
  • 信託報酬は、ともに0.2625%(ETF分+投資先投信分)
  • 指数との乖離は、予測不能

 実績を見てから買いたいところですが、運用の安定性は、大量の資金を動かせる機関投資家のみなさんにかかっているのかな。

 私としては、

  • 海外ETFの購入は当面止める。
  • ある程度たったら、投資信託の分を上記ETFへスイッチ
  • さらにある程度たったら、海外ETF撤収も視野に置く

 という作戦ですね。

  海外ETFは、特定口座対応、為替コストと売買手数料、大幅削減すれば、考えが変わるかもしれません。

 それにしても、今年は、

 大仕事の一年になりそうです(^o^)

 やったあ!

 それにしても、

 こいつぁ、春から縁起がいい!

 日興さん、ご英断ありがとうございます!

 期待を裏切らない運用をお願い致しますね!

 そして!

 野村さん、大和さん、住信さん他の皆様、どうします?

 観念して(笑)、貴社も出された方がいいと思いますよ!

 それでは!!

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

« ヴィレッジ 2010 | トップページ | e-MAXIS とMAXIS »

コメント

正月早々、縁起の良いニュースが飛び込んできましたねー。
日興AMの中の人がえいやっと決断したのでせうか?

待ちに待った大本命の2本!
(先進国株式と新興国株式のインデックスに連動するETF)

# 日本株式は、TOPIX連動ETFや日経平均連動ETFが
# すでに存在しますので。

FOF 形式というのが かな~り 気がかりですが、
本当に 0.2625%ならしばらく向かうところ敵なし
ですね。

投稿: 千鳥足の投資家 | 2010年1月 6日 (水) 00時19分

有用な情報ありがとうございます。TOKを買おうとした矢先だったのですがしばらく待つことにしました。この情報を見たらTOK償還も時間の問題のような気もしてきました。

投稿: 井崎 | 2010年1月 6日 (水) 01時39分

年明けから、過去に買ったバランスファンドと日本株のインデックスファンドを売却して2〜3月にSTAMかeMAXISにシフトしようとしていたところでした。
上記2ファンドに対抗できるインデックスファンドは無理だったと言うことなのかもと思っています。山崎流(笑)を実践しているので品揃えは今回の二本で充分ですが、気になるのは流動性です…。

投稿: TA | 2010年1月 6日 (水) 09時04分

最初は乖離率をみるために様子見ですね
あとは分配金が年4回とかで本当に出すなら
インデックスファンドのままにしておきます。

しかし、オセェよ!東証!という感じですねw

投稿: 龍王 | 2010年1月 6日 (水) 16時59分

皆さまコメントありがとうございます。

しばらくは、楽しい悩みですね~。

投稿: NightWalker | 2010年1月 7日 (木) 00時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/47215922

この記事へのトラックバック一覧です: MSCIコクサイ、MSCIエマージングに連動するETFが東証に登場!!!:

» 日興AMから先進国株、新興国株を対象とした国内ETF登場(FoF) [吊られた男の投資ブログ (一般人の投資生活)]
水瀬さんのブログ(梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー)で知りましたが、日興アセットマネジメントからMSCI KOKUSAI、MSCI EMERGINGに連動するETFが登場するとのことです。 共に信託報酬は0.26%とTOK,VWOを意識したような低コストな設定になっています。これで流動性が確保さ...... [続きを読む]

受信: 2010年1月 8日 (金) 21時09分

« ヴィレッジ 2010 | トップページ | e-MAXIS とMAXIS »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。確定拠出年金も魅力的。使いやすいサイトも特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ17年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.