« MSCIコクサイ、MSCIエマージングに連動するETFが東証に登場!!! | トップページ | 投信ブロガーがファンド・オブ・ザ・イヤーを選定、バンガードのETFが受賞 »

2010年1月 7日 (木)

e-MAXIS とMAXIS

  さて、東証に念願の先進国&新興国ETFが出てしまうと幾つか疑問が生じてきます。

  • e-MAXISはどうなるのか?
  • TOKはどうなるのか?

 などです。

  私が、以前、eMAXISが登場したときに書いたエントリー。

  1. 思い切って 新シリーズを作る。
  2. STAMバージョン2 思い切って! 新シリーズを直販する。
  3. 思い切って!! 東証にETFを上場させる。

  という提案を住信さんに対して、勝手にしたのですが、3番目、日興さんにやられちゃいましたねーーーーーー。

 また、三菱UFJさんも、どうするんでしょうか?

 MAXISシリーズ拡充?

 いやはや、興味は尽きません。

 TOKは、どうでしょう。日本に今更、上場ってことはあるんでしょうか?

 ああ、そうそう、日興AMさん、どうせFOFなら、マザーファンドに投資するベビーファンドを作ればよいのでは?

 さらなる望みも尽きませんね(^^;)。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« MSCIコクサイ、MSCIエマージングに連動するETFが東証に登場!!! | トップページ | 投信ブロガーがファンド・オブ・ザ・イヤーを選定、バンガードのETFが受賞 »

コメント

>という提案を住信さんに対して、勝手にしたのですが、
>3番目、日興さんにやられちゃいましたねーーーーーー。

て言うか、日興AMは住信に買収されてるから、実質的に”住信”?ついでに中央三井AMも実質的に”住信”?

と言うことで日本で買えるインデックスファンドは401Kも含め預かり残高で考えると、大和、三井住友、モルガンスタンレー、ステートストリート、プルデンシャルAMは下手糞、やる気無しで除外するとして、

1.住信系(+日興&中央三井AM)
2.野村
3.みずほ系(MHAM、DIAM)
4.三菱UFJ

この4グループに絞られたと。まあ、もう直、401K用(0.2625%)のやつが一般販売に放出されて、これがファイナルアンサーになるんじゃないですかね。

投稿: Werder Bremen | 2010年1月 7日 (木) 03時13分

Werder Bremen 様
 ご指摘ありがとうございます。
>て言うか、日興AMは住信に買収されてるから
 おお、そうでした!!!
 ということは、これは、住信陣営にとって、eMAXIS対抗策になったということでしょうかねえ(^^)。

投稿: NightWalker | 2010年1月 7日 (木) 06時23分

>住信陣営にとって、eMAXIS対抗策に・・・
自動車、電器の生産現場みたいな生産管理、品質管理のような包括的、戦略的なやり方は、日本の”金融機関”には微塵も感じられませんから、まあ、行き当たりばったりでやったのでは?トヨタの生産現場、品質管理の人間を連れてきて信託報酬手数料が異なる同じようなインデックスファンドを多数、見たら、

「こんな少量、多品種生産したら効率が悪いから一つに纏めろ!」

と吠えたくなるでしょうね。外株インデックスのマザーファンド残高、住信が1千億円、中央三井が2.5千億円、日興が7百億円もあるんですよ。一般販売よりも企業年金向けにヒッソリ、販売しているからでしょうが。折角、合併したなら、これら合計4千2百億円のインデックス、1本(0.2625%)に纏めれば”効率”が上がると思うんですが。ETFもインデックスファンドも”薄利多売”ですから「規模」が勝負の分かれ目。条件は揃っているんですがね。日本の金融機関は産業としては、最も遅れていますね。まあ、それだけ「出来が悪い」から改良の余地があると言えますが。逆に言えば、自動車なんかはカイゼンが行き着くところまで行ってますから、改良の余地、つまり伸びシロも少ないと言えるのかな?

投稿: Werder Bremen | 2010年1月 7日 (木) 20時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/47217566

この記事へのトラックバック一覧です: e-MAXIS とMAXIS:

» [株式投資]住信陣営(STAM+最安の日興AMのETF) VS eMAXIS という構図? [新興国株式投資家20代ゲーマー社長の資産1億円への道]
日興AMは住信に買収されてるから、実質的に”住信”? 住信陣営にとって、eMAXIS対抗策になった http://nightwalker.cocolog-nifty.com/money/2010/01/e-maxis-maxis-d.html というやりとりが「NightWalker’s Investment Blog」さんのコメント欄でありまして、 知りません... [続きを読む]

受信: 2010年1月 7日 (木) 17時45分

« MSCIコクサイ、MSCIエマージングに連動するETFが東証に登場!!! | トップページ | 投信ブロガーがファンド・オブ・ザ・イヤーを選定、バンガードのETFが受賞 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.