« 運用手数料ゼロの投資信託が実現したら? | トップページ | 1000円積み立て時代 »

2009年12月 5日 (土)

衝撃のSTAM新興国株式インデックスオープンの第1回運用報告書

 ポッキーさんに情報いただきました。ありがとうございます。

 STAM新興国株式インデックスオープンの第1回運用報告書が出ました。(こちら

  ショックです。

1.コスト

費用の内訳
信託報酬 104円
内訳 (運用会社) (47円)
(販売会社) (49円)
(受託会社) (8円)
委託手数料 33円
有取税 5円
保管管理 37円
費用合計 179円

   なんですか~!!!!

  その他コスト が多いじゃないですか~!!!

  按分すると、保有コストは、0.8715%ではなく1.5%になっちゃいます。

  住信さんは、良心的に運営していると思いますので、これは、 運用技術の問題ではないかと思います。

2.分配金

 ゼロです。

3.ベンチマークとの乖離

 △1.6%

 看過できない乖離です。

 銘柄要因(銘柄組み入れ比率較差の他、DR(預託証券)、ETFの組み入れによる影響)によるものが、△3.8%。これが足を引っ張っています。って、これも運用上のテクニカルな問題?よくわからないなー。

 ETF?

 運用報告書のP7によると、なんと!

 バンガードのEMERGING MARKET ETFを組み入れている模様です!!!

  えーー、なにそれ!

  心配です。

追伸

  グローバル株式インデックスの方は、立派な運用のようです(こちら

 

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« 運用手数料ゼロの投資信託が実現したら? | トップページ | 1000円積み立て時代 »

コメント

いつも新鮮な情報ありがとうございます。
随分ショックを受けてらっしゃるようですが、
気休めになれば・・・。

売買委託手数料・保管費用はマザーがないゼロからの立ち上げですから、第1期は多くて当たり前です。
古い話で恐縮ですが、ステート・PRUなどの外株インデックスも第1期はすごい数字でした(それに比べりゃまだましかと)。

次に、バンガードのETFを組み入れている件ですが、これも毎日毎日500銘柄以上を細かく買い付けるよりは、一旦VWOを買い付けて相応の残高になったところで、各銘柄に振り替える方がコスト安になるはずです。
(日経225ファンドが一部先物で運用し、各銘柄を数単元以上買える額に達してから現物に振り替えるのと同じ理屈だと思います)

最後に組入銘柄要因による乖離(3.8%)は大きな問題ですが、今後の組入銘柄数を注視したいと思います。
因みにEEMは400銘柄しか組入れていないので毎年5%程度の乖離を繰り返しています(この点さすがにVWOは優秀です)

投稿: あまのじゃく | 2009年12月 5日 (土) 08時12分

VWOホルダーとしてはちょっとうれしかったり(^^)

投稿: 水瀬 ケンイチ | 2009年12月 5日 (土) 15時50分

細かいことなんですが、

> バンガードのEMERGING MARKET ETFを組み入れている模様です!!!

組み入れは当初立ち上げ時だけで、今(期末)は売却済、残ってはいないようです。

月報の資産構成比のところに「ETF等を含みます」と書いてあったので、EEMかと思っていましたが、VWOだったのですね(良心的?)。

組入銘柄も540に達してEEMを上回っていますし、今後の運用方針に「取引コストを極力抑制しつつ」とも書かれていますので、今後に期待しましょう。

(「ベンチマークとの連動を目指す」以上に配当要因でのプラスを目指して欲しいところですが、そうなったら分配するのでしょうね)

投稿: あ | 2009年12月 5日 (土) 20時12分

皆さまコメントありがとうございます。

>あまのじゃく様
 なるほど、詳しい説明ありがとうございます・
 ほっとしました。

>水瀬ケンイチ様
 VWOは運用時の一時的なバッファとして活用されているみたいですね。しかし、運用会社も信頼するバンガードの商品は、いいですね。

>あ様
 今後の資産額増大に伴い、運用コストは低下していくだろうということですね。期待したいと思います。

投稿: NightWalker | 2009年12月 5日 (土) 21時44分

あつまろです、こんにちは。

保有コストについて、考えさせられたエントリーでした。
この話題について、わたしのブログでも取り上げさせていただきました。

投稿: あつまろ | 2009年12月 9日 (水) 00時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/46936599

この記事へのトラックバック一覧です: 衝撃のSTAM新興国株式インデックスオープンの第1回運用報告書:

» 新興国株ファンドパフォーマンス検証(STAM・EEM・VWO) [投信で手堅くlay-up!]
先日の記事「まとめ・STAMインデックスシリーズ第4期決算(2009年11月)」... [続きを読む]

受信: 2009年12月13日 (日) 09時51分

» 「STAM 新興国株式インデックス・オープン」の第1期運用報告書 [乙川乙彦の投資日記]
乙の手元に届いた「STAM 新興国株式インデックス・オープン」の第1期運用報告書を見てみましょう。運用開始後の初めての運用報告書になりました。 ネットでは http://www.sumishinam.co.jp/new_report/140841_R.pdf で読むことができます。 p.1 純資産総額が 41 億円とな..... [続きを読む]

受信: 2009年12月28日 (月) 05時10分

» STAM 新興国株式インデックス・オープン 第1期運用報告書 [かいるろっどの徒然日記(投資、読書、仕事、旅行)]
私自身は全く意識していなかったのですが(不勉強で反省しきりです。) RSSで巡回しているブログさんで記事になっていて知りました。 NightW... [続きを読む]

受信: 2009年12月28日 (月) 09時14分

« 運用手数料ゼロの投資信託が実現したら? | トップページ | 1000円積み立て時代 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.