« 10年後の株価は? | トップページ | GoogleReaderにて »

2009年12月13日 (日)

バランスファンド

  バランスファンドについての話題を、水瀬さんが取り上げています。

 山崎さんの記事が元になっています。

  ものすごく簡単にまとめると

  (一般的にいって)

 バランスファンドは、信託報酬的に損

 となります。(単純化しすぎ(^^;))

  で、個人的な考えをもろもろを箇条書きにしてみると

  • 信託報酬では損をする バランスファンドが多いようだ。
  • インデックスファンドも、ある意味、各個別銘柄のバランスファンドといえなくはないが、バランスファンドと銘打つ商品の場合、FOF的構造が信託報酬を高くしているとも推定される
  • その分、リバランスは、楽。
  • アセットアロケーションの調節ができないのは、個人的には致命的と思う。
  • バランスファンドを初心者向けとするのには、やや、違和感(もちろん上級者向けでもない)

 といったところかなあ。

 と言いつつ、 私は、バランスファンドを持っていたりします。

  • ウェルズリーインカムファンド
  • セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド

 です。

 バランスファンドは、主力とすべきではないが、

 少しくらいは持っていてもいいだろう

 というのが、私の結論となっています(^^;)。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ

« 10年後の株価は? | トップページ | GoogleReaderにて »

コメント

foot別にバランスファンドが悪いとは思いませんが、先進国が成長と債務削減の両立という難しいかじ取りの中で漂流する中、今後の投資に新興国の成長の果実を取り入れる戦略は欠かせません。

かといってやみくもに新興国投信を購入しても、でたらめなポートフォリオが出来上がるだけで、さらにいたずらに為替リスクを負うことになりかねません。

ここにプロの知恵を入れるには、日本では「ラップ口座」を使う手がありますが、どの金融機関の視線も富裕層にしか向いていません。

ここで有効なのが、海外の著名な保険会社を使う「海外積立投資」です。私はハンサード社の「アスパイア」という商品に投資しています。最低投資単位は月々150ポンド(約2万円)ですから手軽です。

円建ても可能なので、為替リスクとも無縁。しかもこれを世界でも優秀なファンドマネジャーが運用してくれるわけですから、まさに同時に安心を買える「お任せ口座」。

商品説明や業者選びについては、「みんなの海外投資」に詳しい説明があります。特に合法・違法業者を見分けるチャートは秀逸だと思います(http://www.minkaigai.com/archives/1197)。

世界の相場が低迷する中でも年率10%以上の利回りが可能なことは、過去のパフォーマンスが証明しています。海外のオフショアファンドが、下げ相場にも強いことの証です。

投稿: BURTON | 2011年9月 5日 (月) 15時19分

BURTON 様
 古いエントリーのコメントありがとうございます。
 最近は新興国を組み込んだファンドもあるようですね。

投稿: NightWalker | 2011年9月 6日 (火) 00時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/47008851

この記事へのトラックバック一覧です: バランスファンド:

« 10年後の株価は? | トップページ | GoogleReaderにて »

 
 
Copyright © 2005 - 2018 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.