« 新興国株ファンドのパフォーマンス | トップページ | 子ども手当は、いつ使う? »

2009年12月16日 (水)

週刊ダイヤモンド12/19号「負けない海外投資全指南」

 今週号の週刊ダイヤモンドは、ズバリ買いです。

 相互リンク先の皆様の記事です。

  いやー、これでもかって言うくらい、ずばずば書いています。

  数年前は、この種の特集で「買ってはいけない投資信託」とか「だまされない投資信託」とか否定的な表現が多かったです。

 でも、今回は、

 「本当に買っていいETF・投信」完全分析

 という肯定的な表現です。

 これは、この数年間で、買ってもいいかなっていう水準のコストの商品がそろってきたということを象徴しているような気がします。

 数年前からの変化としては、

  • ネット証券での海外ETF取り扱い開始
  • 低信託報酬、ノーロードのインデックスファンド の登場

 が大きなできごとです。

 無論まだまだコストを下げる余地はあると思われます。

 確定拠出年金専用ファンドなみには、下げられるはずなのです。

 週刊ダイヤモンドさんのこの特集の投信会社のコスト分析によると、コスト要因として

  • 営業・マーケティング費用
  • 販売会社の取り分

 が、一番大きい(推定)ことを指摘しています。

 やっぱり、直販しかないですね、産地直送型。

 運用会社の新たなるチャレンジを待ちたいと思います。

 我々にできることは何か?記事から引用しますと

シビアに信託報酬を吟味する顧客の目がこれを変えていくしかない

 これですね!!!

 みんな、がんばろー (^o^)

  

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« 新興国株ファンドのパフォーマンス | トップページ | 子ども手当は、いつ使う? »

コメント

あつまろです、こんにちは。
ダイヤモンドって記事がタイトル負けしてるものが多い印象ですが、今回のはいいんですね。読むことにします。

投稿: あつまろ | 2009年12月17日 (木) 00時40分

私の本業がサービス提供者と一般顧客の中間の業種ゆえの考えかもしれませんが…。
直販であっても営業・マーケティング費用は必要ですし、販売する為のシステム作成や販売チャネルの開拓も必要になるでしょう。外部委託しなくても費用は発生するわけで、確立された販売システムを持っている販売会社よりも高コストになる可能性もあるのではないでしょうか。
eMAXISがやったネット専用によるコスト削減は非常に有効だと思いますし、大手がやるなら一般向けの販売方式としてはこのような販売会社と連携したコスト削減の方が有効なのではと思っています。

投稿: TA | 2009年12月17日 (木) 02時27分

皆さまコメントありがとうございます。

>あつまろ様
 たしかにそういうとこがありますね。とはいえ、今回のは、なかなかだったと思います。
 書店で、お手に取ってみてください。

>TA様
 コスト削減は、いろいろな方法があるはずで、頑張ってほしいなあ、と思います。

投稿: NightWalker | 2009年12月17日 (木) 06時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/47031817

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊ダイヤモンド12/19号「負けない海外投資全指南」:

» 週刊ダイヤモンド「負けない海外投資全指南」を読んだ! [Shoulder.jp]
この前の週刊ダイヤモンドは、インデックス投資派にオススメとのことだったので、買って読んでみた。インデックスブロガーの人たちは以下のように評価していた。 週刊ダイヤモンド12/19号「負けない海外投資全指南」。充実のインデックス投資特集 この号では、「負けない海外投資全指南」特集のほかにも、「経済学者・経営学者・エコノミスト142人が選んだ2009年の『ベスト経済書』」特集(何が選ばれたかは本を手に取ってみてください)など、興味深い情報が多かったです。インデックス投資家にとって、お買い得な号なので... [続きを読む]

受信: 2009年12月23日 (水) 07時05分

« 新興国株ファンドのパフォーマンス | トップページ | 子ども手当は、いつ使う? »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。確定拠出年金も魅力的。使いやすいサイトも特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ17年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.