« お金が貯まる生き方 | トップページ | デフレ »

2009年11月16日 (月)

確定拠出年金をどう方向づけるべきか

 DIAMOND ONLINEさんです。

nn  共感を覚えました。

 私が、確定拠出年金に望むことは・・・・

  • 個人型を主体にし、企業型は、廃止ないしはそれに準ずる形とする。
  • 無条件で加入可能。
  • 積立金額は、無制限ないしは大幅に引き上げる。

 などです。

 ちなみに山崎さんは、企業年金については、反対とのご意見です。

 企業年金は、退職金と同様、賃金の後払いの側面があるため、解散の仕方が問題になるでしょうね。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

« お金が貯まる生き方 | トップページ | デフレ »

コメント

この問題、JAL他の企業年金や厚生年金、国民年金のゴタゴタと関連づけて考えると・・・。従来型(確定給付型)はどうしても、
1.過去の高利回りを退職世代が謳歌。退職世代の人口が多い。
2.低利回りで現役世代が支える。少子化の影響でこの世代の人口が少なくなる。
まあ、この2点に集約されるでしょう。中小生保がバブル期の高利回り商品で、運用難の市場で逆ザヤ倒産。こんなのとも似ています。更に始末が悪いのは厚生年金なんか、今、話題沸騰の特別行政法人なんか陰に隠れて、会社員の掛金をコッソリ、ヒッソリと”グリンピア”へ流用してたとか。

現役世代の掛金に依存しない。退職世代を支えるためにも使われない。意に反してグリンピアに使われることもない。まあ自己責任の原則を受け入れられるか人それぞれですが。

しかし、Y氏の話、片手落ちの感があります。401Kの話をするとき、いつも特別法人税の話には言及なし。やはりデメリットも問題点として伝えるべきと、専門家?評論家?としては。

それとY氏の記事中の文面で、
また、現在の企業型確定拠出年金は、会社ごとに・・・制度を担当する金融機関グループの商品が中心の運用選択肢だ。この場合、適切な商品(シンプルで手数料の安い商品が適切である)が選択肢・・・手数料の高い明らかに不適切な商品に・・・
(引用終わり)
別に自社でも、他社製品でもパッシブ投信なら信託報酬が低ければ、どっちでも良いのではと。トラッキングエラーだけの問題ですし。大企業はまあ、問題ありません。0.2%前後のパッシブ投信、4本、基本的に入っています。あの大爆走調査で判ったのは中小企業向け地銀+損保の”総合型”だけです。SBIダイレクト401Kの出現と、例によって情報非開示で実物見ないと不明ですが・・・orz(↓)。
http://www.401k.co.jp/index.html

http://www.mitsui-seimei.co.jp/corporate/news/pdf/20080909.pdf
こいつらもかなり”臭い”んじゃないかと。製造年月日が”新しい”のがキーワードかな?

ところでプログラミングでは余計な仕事を増やしてしまいお手数をお掛けしました。申し訳ない。あそこのブログ、引用文献から4資産、特に外債、外株の円建て長期データ(↓)をゲットしたんだから、”give”以上の”take”があったと思って・・・。
http://www.geocities.jp/infobunch/juedata.xls
ではでは

投稿: Werder Bremen | 2009年11月17日 (火) 02時04分

そういえば 401Kの拠出限度額が引き上げってどうなったんでしょう? 来年1月からスタートするで良いのかな? 限度額の変更方法とかよくわからないけど?

投稿: hino | 2009年11月17日 (火) 07時07分

401Kの拠出限度額の引上げについて琉球銀行に問い合わせてみました 結果は以下のとおりです
・来年1月から拠出限度額は引上げされる 会社員の個人型の場合、月18000円から23000円に上限変更
・限度額変更の依頼書送付の受付は12月から開始
・限度額変更の依頼書送付は1月から開始
・1月掛け金から変更するには1/15までに返送した依頼書が到着する必要あり その場合2月から引き落し額が変更される(掛け金の引き落しは1月遅れなので1月の掛け金は2月に引き落される)

投稿: hino | 2009年11月17日 (火) 21時56分

皆さまコメントありがとうございます。
> Werder Bremen様
 また、確定拠出年金に関する 新情報があったらお願いします。
 ご紹介のURLは、1ドル360円に郷愁を感じます(^^;)。

> hino様
 情報ありがとうございます。
 ちゃんと上がるようですね(^^)

投稿: NightWalker | 2009年11月17日 (火) 23時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/46781556

この記事へのトラックバック一覧です: 確定拠出年金をどう方向づけるべきか:

« お金が貯まる生き方 | トップページ | デフレ »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。確定拠出年金も魅力的。使いやすいサイトも特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ17年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.