« フィデリティ・ワールド・ファンズ ヨーロピアン・グロース・ファンドの終焉と私のフィデリティ口座 | トップページ | マネックス証券さんがオリックス証券さんと合併 »

2009年10月27日 (火)

投資信託のその他コストについて

  投資信託にかかる「その他コスト」について補足しておきます。

費用の内訳
信託報酬 19円 0.777%
内訳 (運用会社) (8円)
(販売会社) (9円)
(受託会社) (2円)
委託手数料 0円 0.082%
有取税 1円
保管管理 1円
費用合計 21円 0.859%

  上記表は、1万口当たりの費用明細となっており、100万円分保有していても、1万円分保有していたとしても、同じ比率でかかることになります。

  で、いったいどのくらいか、試算してみますと、信託報酬19円が0.777%に相当するとするなら、その他費用は、按分すると0.082%。

  合計すると、実質、0.859%分の費用がかかっていることになります。

  運用には実費がかかってしまうので、その他費用をゼロ円とすることはできないと思いますが、なるべく少ないとうれしいですね。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« フィデリティ・ワールド・ファンズ ヨーロピアン・グロース・ファンドの終焉と私のフィデリティ口座 | トップページ | マネックス証券さんがオリックス証券さんと合併 »

コメント

とても勉強になります。
あまり、委託手数料・有取税・保管管理料
について書かれている書籍やサイトがなかったもので
参考になります。

ありがとうございます。

投稿: 初心者 | 2009年10月27日 (火) 11時45分

初心者様
>あまり、委託手数料・有取税・保管管理料について書かれている書籍やサイトがなかった

 こんなサイトはいかがでしょう。

http://www.saison-am.co.jp/oyakudachi/oyakudachi06.html#005

 こういう証券会社の方があまり言いたくない?情報をきちんと説明するセゾンさんは、えらいなー、と思ってます。

投稿: NightWalker | 2009年10月28日 (水) 01時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/46591621

この記事へのトラックバック一覧です: 投資信託のその他コストについて:

« フィデリティ・ワールド・ファンズ ヨーロピアン・グロース・ファンドの終焉と私のフィデリティ口座 | トップページ | マネックス証券さんがオリックス証券さんと合併 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.