« 前から、ちょっと気になっていること | トップページ | トヨタFS証券さん »

2009年9月29日 (火)

TOKの取引量の推移 2009/9

 設定当時は、話題にすることも多かったTOKですが、久しぶりに最近の取引高推移を見てみます。

20090929

 機関投資家さんなんでしょうか、ときどき、ドカンと取引されていますが、それ以外は低調です。

 TOKの東証上場・・・・そろそろどうですかね~。

 日本の投信会社さんでも、MCSIコクサイ指数連動型ETFの設定があってもいいと思うんですけど、マーケット活性化政策の出そうもない我が国の昨今の情勢では無理でしょうかねえ?

 あれば、多少は円高バリケードに・・・・・・ならないか(^^;)。

 海外ETFの存在意義は、まだまだありそうです。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

« 前から、ちょっと気になっていること | トップページ | トヨタFS証券さん »

コメント

やはりというか、ETFの流動性は機関投資家しだいですかね。「見ろ個人投資家の取引高がゴミみたい」(ラピュタ風)

日本に上場させた場合に機関投資家が売買してくれるのでしょうか・・・

投稿: 吊られた男 | 2009年10月 3日 (土) 22時47分

吊られた男様
 コメントありがとうございます。
 TOKが売れていないのは、主として日本人にしかアピールしそうもない商品であるにもかかわらず、当の日本人が高い手数料を支払い、税制上のめんどくさい手続きを経ないと購入できないことも、一因としてあるのでは?
 国内上場すれば、その問題は是正されるわけですが、はたして実際は、どうでしょうか。
 

投稿: NightWalker | 2009年10月 4日 (日) 08時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/46339319

この記事へのトラックバック一覧です: TOKの取引量の推移 2009/9:

« 前から、ちょっと気になっていること | トップページ | トヨタFS証券さん »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。確定拠出年金も魅力的。使いやすいサイトも特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ17年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.