« さらば、ジョインベスト証券 | トップページ | 投信取り扱い本数戦争勃発? »

2009年9月20日 (日)

世界経済は2010年上半期に回復へ=IMF専務理事

  ロイターさんです。

ストロスカーン国際通貨基金(IMF)専務理事は世界経済について、2010年上半期にリセッション(景気後退)から回復する見通しとした上で、失業水準の改善には時間がかかるだろう、との認識を示した。

  最近、やや明るい声が聞こえてきました。

 しかし油断ならないのが、政権交代した我が国。

  STAM シリーズで見比べてみると・・・・

20090920

 資本主義の象徴でもある株式指数が、政権交代を意識したころから・・・?

 いやいや、株価の動きやその要因は、だれにもわかりません。

 わかりませんが、私は、日本株の積み立てをやめています(^^;)。

  • 私の日本株の割合は、世界市場ポートフォリオに比べ、多い。

 というところに主たる理由がありますが、

  • 日本人の多くの方が資本主義的な施政を望んでいないように思われる。

 ということも感じています。

 私自身は、資本主義は、(世界的に見れば)しぶとい、と感じています。だからこそ、株式への長期投資をしているわけです。

 これは、私が、勝手にそう思っているだけですので、くれぐれも、誤解ないようにお願いいたします。未来はどうなるかはわかりません。

 

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« さらば、ジョインベスト証券 | トップページ | 投信取り扱い本数戦争勃発? »

コメント

私も、9月に入ってから海外株式が上昇しているにもかかわらず、日本株式が横ばいであることが気になっていました。

「日本人の多くの方が資本主義的な施政を望んでいないように思われる。」というのもおっしゃる通りだと思います。

9月以降の株価の動きが日本の将来を反映したものではなく、ただ政権交代してすぐの国に対する様子見であってほしいです。

投稿: グラフトン通り | 2009年9月21日 (月) 07時59分

やはり亀井ショックのせいでしょうか。225先物はバブルの原因だから廃止などと発言には驚きます。ただ、衆議院の任期は4年ですから、長い目でみれば買い時という見方も可能かと思います。

投稿: Tansney Gohn | 2009年9月21日 (月) 08時54分

日本株は円高にかなり影響されているように思います。外国投資家にとって今の水準はドル換算ではすでにかなり割高になっているのではないでしょうか。実際外国人投資家の比率が小さい小型株は比較的順調のように思います。(輸出系は怪しいですが)
私は日本株については今後大きな上昇は期待できないと思い、経営が安定していて高配当の個別株を幅広く買う方針です。

投稿: TA | 2009年9月21日 (月) 09時13分

トラックバック風にまとめてみました。
http://tansneygohn.blog99.fc2.com/blog-entry-31.html
結局、アロケーション厳守になりました。

投稿: Tansney Gohn | 2009年9月21日 (月) 20時52分

皆さまコメントありがとうございます。

>グラフトン通り様
>政権交代してすぐの国に対する様子見
 この可能性はありますね~。

>TA様
>日本株は円高にかなり影響されている
 そう思います。
 今後も円高かどうかは分からないので、悩ましいところです。

>Tansney Gohn 様
>長い目でみれば買い時という見方も可能
>アロケーション厳守
 共感いたします。そうなんですよねー。

投稿: NightWalker | 2009年9月21日 (月) 21時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/46258348

この記事へのトラックバック一覧です: 世界経済は2010年上半期に回復へ=IMF専務理事:

» リーマン経営破綻から1年、各地域の株式リターン [for the open society]
リーマン・ブラザーズの経営破綻から1年が経過したこともあり、過去1年の地域ごとの株価を確認してみます。 比較したのは以下の4地域です... [続きを読む]

受信: 2009年9月21日 (月) 00時05分

« さらば、ジョインベスト証券 | トップページ | 投信取り扱い本数戦争勃発? »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.