« ご紹介:ファンドの海さんの連載まとめ  と ボラティリティの子鬼について | トップページ | 新窓販国債 »

2009年8月10日 (月)

日経平均年次リターンの推移

 日経平均が回復してきましたね。

   株価回復 ⇒ 資金調達好転 ⇒ 雇用回復

 となってほしいです。

 さて、日経平均の推移を、年次リターンで見てみました。

   1951年からの長期の推移です(↓クリックすると大きくなります)

20090810

  戦後40年ぐらい大成長期が続き、その後、20年ぐらい調整期が続いています。

  バブル崩壊後の日本の株価推移が、戦後の成長エネルギーの反動だとすると、更にあと20年はこの状態かもしれませんが、未来は、誰にもわかりません。

  この20年の推移を見てみます。(↓クリックすると大きくなります)

200908102_2

 Good times Bad times

 下がりっぱなしじゃない、というところが大事と考えています。

  しつこいようですが、リバランスの重要性をひしひしと感じます。

 一方で、日本の戦後40年間のような時期においては、バイ&ホールドの方が有効です。

 そして、今後20年の日本や世界が、どう転ぶかは、わからないんですね。

 

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ

« ご紹介:ファンドの海さんの連載まとめ  と ボラティリティの子鬼について | トップページ | 新窓販国債 »

コメント

蛇足ながら^^

長期金利であれば、ずっとプラスのような気がするのですが・・

投稿: 預金王 | 2009年8月10日 (月) 14時37分

預金王様
 コメントありがとうございます。
 まったくもってその通りです。

投稿: NightWalker | 2009年8月10日 (月) 14時42分

> しつこいようですが、リバランスの重要性をひしひしと感じます。

前に試算してみたんですが、日本株のようなボックス相場のものと、現金または国内債券のような値動きのないものは、それぞれ単独ではリターンがほとんど無いのに、2つを組み合わせてリバランスをしますと利益が出るようになりますね。

できれば相関係数がマイナスのもの同士を組み合わせるのがよいのでしょうけど、今回のサブプライム・ショックのようなときは外債も下げましたので、国内債券のような動かないものをアセアロに少し入れておくのがいいのでしょうね。

投稿: Tansney Gohn | 2009年8月10日 (月) 20時46分

Tansney Gohn様
 コメントありがとうございます。
>日本株のようなボックス相場のものと、現金
 現金とリバランスすることでさえ、ボラティリティが成長力に変わるというのが、面白いですよね。

投稿: NightWalker | 2009年8月11日 (火) 03時33分

こんにちは、いつも勉強させていただいております。

リバランスの問題ですが、最近のような状況では有効ですが、戦後40年のようなかなり一方通行で上げ(または下げ)る相場では、リバランスしないほうが成績は良くなるのではないでしょうか。

リバランスもまた成功するとは限らないということがいえると思います。

投稿: おじさん | 2009年8月11日 (火) 16時07分

おじさん様
 コメントありがとうございます。
>リバランスしないほうが成績は良くなるのではないでしょうか。
 エントリー中にも書きましたが、バイ&ホールド型が有利と思います。

投稿: NightWalker | 2009年8月13日 (木) 09時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/45865871

この記事へのトラックバック一覧です: 日経平均年次リターンの推移:

« ご紹介:ファンドの海さんの連載まとめ  と ボラティリティの子鬼について | トップページ | 新窓販国債 »

 
 
Copyright © 2005 - 2018 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.