« リーマンショックから1年 危機後に学ぶ教訓は? | トップページ | セゾン・グローバルバランスファンドのドルコストの効果 ~2009/8 »

2009年8月24日 (月)

レバレッジ規制

  日経新聞、8/23 朝刊 特集に FRB元議長 アリス・リブリンさんのコメントが載っていました。

 アリス・リブリンさんは、96~99年、FRBの副議長だった方です。

  • ポールソン前財務長官やバーナンキ議長に対して⇒(与えられた政策手段の中で)いい仕事をした。
  • FRBに権限を集中するのは反対。一元的な規制当局を作るにしても独立した存在であるべき
  • レバレッジ(外部負債)規制は、必要。

 というご意見です。

「金融システムを横断的にレバレッジを高めたり低めたりする権限はFRBにとって望ましい追加的政策手段になる。広範な資産バブルを防ぐためにも良いアイデアだ」

  とのこと。

 実際の手法等は、よくわからないのですが、レバレッジのコントロールが、金利のそれと同様な意味合いを持つのであれば、きっちりやってほしいですよね。

  実は、今回の金融危機で、不思議に思っていることが、あります。

 100年に一度という割には、為替システムを大きく変えるとか、レバレッジ規制をすることに決まりましたとか、制度上の大きな話が、あまり聞こえてきていないような?

 確かに公的資金をどんどんつぎ込むというようなことはしていますね。

 息も絶え絶えのところへ規制をしたら、さらにえらいことになるという深謀遠慮なのかもしれません。

 現在のFRB議長からは、意図もあってか、明るいコメントが増えているようです。

 早く、経済が完全復調するといいですね!

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« リーマンショックから1年 危機後に学ぶ教訓は? | トップページ | セゾン・グローバルバランスファンドのドルコストの効果 ~2009/8 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/46011564

この記事へのトラックバック一覧です: レバレッジ規制:

« リーマンショックから1年 危機後に学ぶ教訓は? | トップページ | セゾン・グローバルバランスファンドのドルコストの効果 ~2009/8 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.