« 家にも来ました | トップページ | 長期分散投資ブロガー集合! »

2009年8月20日 (木)

投資対象別アクティブファンドの信託報酬率とパフォーマンスの関係

  モーニングスターさんです。

   ・・・・見なくても、答えがわかっているような気が・・・・(^^;)?

  パフォーマンスについては、

  • 長期運用になるほど、信託報酬が低いファンドが優位
  • 短期的な上昇局面においてはよりアクティブに運用する傾向がある信託報酬が高いファンドの相対的な運用成績が比較的良好な傾向

  とのこと。

  よく言われていることの再確認です。

  私の場合は、パフォーマンス云々というより、

  • 証券会社には、できうる限り手数料を払いたくない

 という一心で、ファンドを探しているうちに出会ったのが、インデックスファンドでした。

 もし、インデックスファンドの魅力をひとつだけ挙げよと言われたら、

  • 信託報酬が安いこと

 を挙げます。もちろん、安くないインデックスファンドもあるかもしれませんのでご注意ください。

 モーニングスターで、TOPIX連動インデックスファンドを検索したら、信託報酬率は、0.49%~0.97% の幅がありました。

 いろいろですね。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« 家にも来ました | トップページ | 長期分散投資ブロガー集合! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/45975369

この記事へのトラックバック一覧です: 投資対象別アクティブファンドの信託報酬率とパフォーマンスの関係:

« 家にも来ました | トップページ | 長期分散投資ブロガー集合! »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.