« Berkshire Hathaway Inc.Class B が、マネックス証券で買えるように! | トップページ | 日経平均年次リターンの推移 »

2009年8月 9日 (日)

ご紹介:ファンドの海さんの連載まとめ  と ボラティリティの子鬼について

 ご紹介です。

 何度かご紹介してきましたが、まとめです。

 ファンドの海さんの結論は、ぜひ記事を読んでいただくととしまして、私の結論

  • 長期運用において国内債券クラスはとても重要である。

 そして、予備資金を含め、財産をよくチェックしていくと、

  • 長期運用している国内債券クラスは、意外と多い

 ということに気がついたというのが、私です。(もちろん、そうではないという方も多いと思います。)

 さて、ファンドの海さんのご指摘のようなことが、バイ・アンド・ホールド時代の終焉 (原題:UNEXPECTED RETURN)という本のP60に書かれています。

ボラティリティが複利リターン(平均リターンではない)を大きく低下させる

  ボラティリティとは変動幅のことであり、リスクと言い換えていいと思います。

 本書については、以前、エントリーを書き、この時は、「ボラティリティの子鬼」の意味がよくわからなかったのですが、ファンドの海さんの一連の連載記事で、おぼろげながら、意味することがわかってきました。

 ファンドの海さん、どうもありがとうございます!

<だいぶ以前(2006年)に書いたエントリー>

 リバランスやドルコストは、ボラティリティによる複利リターンの低下をふせぐのに有効じゃないのかな~、というのが、その時の結論でしたが、今あらためて、正しいのではないかと思っている次第です。

 (これは、論理的な裏付けには弱い私の感覚です。実際のご投資は、ご自身の責任とご判断でお願い申しあげます。)

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ

« Berkshire Hathaway Inc.Class B が、マネックス証券で買えるように! | トップページ | 日経平均年次リターンの推移 »

コメント

これはすごい力作ですね。計算に弱いのであまり理解できていないのですが、たしかリターンをリスクで割るとシャープレシオだったと思いますが、イーノさんのチャートでは単なる割り算ではなくてリスクとリターンの範囲が示されているところがすごいです。
効率的フロンティアの線上はだいたいこのチャートで示された範囲に入りますね。

投稿: Tansney Gohn | 2009年8月10日 (月) 21時15分

Tansney Gohn様
 コメントありがとうございます。
 分布を図にしてくださったので、リスクの悪影響がよくわかります。

投稿: NightWalker | 2009年8月11日 (火) 03時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/45880600

この記事へのトラックバック一覧です: ご紹介:ファンドの海さんの連載まとめ  と ボラティリティの子鬼について:

« Berkshire Hathaway Inc.Class B が、マネックス証券で買えるように! | トップページ | 日経平均年次リターンの推移 »

 
 
Copyright © 2005 - 2018 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.