« 足りないお金 | トップページ | 投信の3つの「売り時」とは »

2009年8月 5日 (水)

我が国の経済成長について

民主党の岡田克也幹事長は4日、日本経済団体連合会(日本経団連)で開いた衆院選マニフェスト(政権公約)の説明会で「成長戦略は重要だ。自民党は2%経済成長と言っている。2%という数字はがんばれば実現可能な数字に思えるし、望ましい」と述べ、将来的に年率2%の経済成長を目指す考えを明らかにした。

  どうやら、経済成長なんて、選挙を前にすれば、簡単みたいです。 でも・・・

具体的策については「自民党も具体的にどうやって達成するかを述べていない。どうやってとなると答えは今はない」と語った。

 だそうです。

 しかし、これは、真理であるという気もしてきました。

 どうやったら経済成長するのか?

 誰がやっても難しそうです。

 どうやったら株で儲かるのか?

  と同じくらい難しそうです。

 というわけで、今月もドルコストと世界分散投資です(^^;)

注)ドルコストと世界分散投資をすれば、必ず儲かるということは、ありません。

  未来は不確定です。(だから、愉快とも言えます)

  ただし、

  手数料は確実です。(だから、不愉快と言えます^^;)

  それでは!

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« 足りないお金 | トップページ | 投信の3つの「売り時」とは »

コメント

確かに、今までは手数料の高い政策が多すぎましたね。
これからは無駄のない政策を期待したいです。

経済成長のマニフェストについては、達成できれば「手柄」となり、達成できなければ「外的要因」にされてしまいそうです。
そういう意味では、岡田さんも言うように、2%位が望ましいと思いました。

投稿: グラフトン通り | 2009年8月 5日 (水) 00時58分

グラフトン通り様
 コメントありがとうございます。
 2%でも成長してくれれば、恩の字ですね。

投稿: NightWalker | 2009年8月 7日 (金) 00時05分

手数料sweat01インデックスでも決算時に前回の決算からマイナスの場合は、いくらか下げてほしいですねsweat02長期保有を考えた場合、いつもこのことがネックなので・・・

投稿: | 2009年8月 7日 (金) 20時46分

?様
 コメントありがとうございます。
 値下がりしたら、手数料率もディスカウントして販売促進・・・いいかもしれません(^^;)。

投稿: NightWalker | 2009年8月 8日 (土) 18時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/45839867

この記事へのトラックバック一覧です: 我が国の経済成長について:

« 足りないお金 | トップページ | 投信の3つの「売り時」とは »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.