« 長期分散投資ブロガー集合! | トップページ | リーマンショックから1年 危機後に学ぶ教訓は? »

2009年8月22日 (土)

上海総合指数とEEMの関係

  最近、上海総合指数が急落し、そろそろ、公的資金主導のロケット噴射の効力が切れたんじゃないの?、いや資産バブルだよ、いやいやいや単なる調整だよ、と注目されているようです・・・・・・・・・・・・えー、そうなの~(^^;)?

  上海総合指数とEEMを見比べてみます。

 ドルベースです。

20090822

  • なるほど、上海総合指数は確かに急落
  • EEMはそれほどダメージがないように見える。

 中国国内市場である上海総合指数とEEMの関係は、微妙なようです。

 そうだ、私が保有しているSTAM新興国株式インデックス・オープンとの関係はどうなんでしょう。

 円とドルで無理やり比べてみると・・・・・

200908221

 STAM新興国株式インデックス・オープンは、まだ、1年たっていないので、半年の比較になりました(m_m)。

  円ドル為替の影響は、この半年は、それほど大きくなかったようで、ほぼ、EEMとSTAMは、大きな差がないようです。

 一方、上海総合指数は、やっぱり、ちょっと違いますね。

 これだけ相関が低いというのは、ある意味、うらやましい。

 分散投資効果がありそうに思えるからです。

 というか、エマージングインデックス連動ファンドであるEEMやSTAM新興国株式インデックス・オープンの中に、その成分が含まれているのかな?

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« 長期分散投資ブロガー集合! | トップページ | リーマンショックから1年 危機後に学ぶ教訓は? »

コメント

逆に、あまり関係のなさそうなクラスが同じようなケイ線になる場合もありますね。

STAMグロ株とSTAM新興国債券(まったく別物のはずですけど)
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=64314081&ct=z&t=1y&q=l&l=off&z=m&p=&a=&c1=6431108C&bc=%E6%AF%94%E8%BC%83

セゾンGBFとスゴ6(アロケーションがかなり違いますが)
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=96311073&ct=z&t=1y&q=l&l=off&z=m&c1=64311081&c2=&c3=&c4=&bc=

投稿: Tansney Gohn | 2009年8月22日 (土) 14時38分

あとの方のURLが尻切れになりましたので再度送ります。

セゾンGBFとスゴ6(アロケーションがかなり違いますが)
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=96311073&ct=z&t=1y&q=l&l=off&z=m&c1=64311081&c2=&c3=&c4=&bc=

うまく飛ばない場合は、投信番号
96311073
64311081 で見てください。m(__)m


投稿: | 2009年8月22日 (土) 14時48分

こんにちは、いつも勉強させていただいております。

中国株は難しいですね。同じ会社の株式がいくつかの市場に上場されていて、それぞれ価格が違うということがるようですし、常に過剰な期待感に持ち上げられているようですし・・・。

上海の指数に関しては、数年前からバブリーな上昇をして、現在の株価はそれが少し調整された程度に思えます。少なくとも、今後何かのきっかけで本格的な暴落がくる可能性を読み込まないずに手を出すべきではないレベルに思われます(私も持ってますけど^^;)

新興国全体のファンドにしておいたほうがまだ無難でしょうか。

投稿: おじさん | 2009年8月22日 (土) 16時17分

中国が急降下してもブラジルががんばったりしたので中和されているんでしょうね。( ^ω^ )

もくさんのページ 世界株式とETFチャート
http://www12.ocn.ne.jp/~fufufu/chart1year.html
ブログ
http://trademokusan.blog105.fc2.com/

投稿: Tansney Gohn | 2009年8月23日 (日) 07時40分

皆さまコメントありがとうございます。

>Tansney Gohn様
>あまり関係のなさそうなクラスが同じようなケイ線になる場合
 なるほど面白いですね!

>中和されている
 分散は、新興国といえど、大事そうです。

>おじさん様
>まだ無難
 分散は必要に思います。また、投資コストという意味で、インデックス系の方が有利であると、マルキールさんはご指摘されていましたね。

投稿: NightWalker | 2009年8月23日 (日) 08時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/45994657

この記事へのトラックバック一覧です: 上海総合指数とEEMの関係:

« 長期分散投資ブロガー集合! | トップページ | リーマンショックから1年 危機後に学ぶ教訓は? »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.