« 子ども手当は、一生で、いくらもらえるのか? | トップページ | 投信発掘ツール »

2009年7月27日 (月)

住信SBIネット銀行とイーバンク 2009/6末

 日経さんです。

住信SBIネット銀行は26日から、インターネット上の手続きだけで口座を開設できるサービスを始める。日本郵政グループの郵便事業会社が扱う「本人限定受取郵便」を利用し、キャッシュカードを送るときに免許証などで本人確認する。口座開設までの時間短縮やコスト削減につながるため、他の銀行やクレジットカード会社などにも広がりそうだ。

  住信SBIさんですが、順調に伸びているようです。

 もうすぐ楽天銀行となるイーバンクさんと預金残高を比較してみます。

20090727

  住信SBIさん、リーマンショック後も快調です。一方、イーバンクさん、頭打ち状態です。

  口座数では、イーバンクさんが326万口座、住信SBIさんが49万口座ですから、住信SBIさんは効率よく、お金を集めていることになります。

 今後もこの傾向が続くのには、

  • 定期預金の金利
  • インターネット送金無料サービスの継続
  • ハイブリッド預金サービスの継続

 などがカギとなると思います。

 イーバンクさんも、楽天銀行となるころ(いつかはまだはっきりしてませんが)には、巻き返しを図ってほしいですね。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« 子ども手当は、一生で、いくらもらえるのか? | トップページ | 投信発掘ツール »

コメント

住信SBI、もう50万口座に達したようですよ。

あとキャッシュカードに有効期限があったのが、撤廃されたみたいです。
期限切れになるカードなんて、まだ出てこないと思うので、(無意味になった)カード記載の有効期限を見つつ、結局、何のために有効期限付けたんだろう、って感じです。

投稿: konan | 2009年7月27日 (月) 15時17分

konan様
 コメントありがとうございます。
>何のために有効期限
 おっしゃる通りですね。住信SBIさんのスタッフもそう思ってたりして・・・(^^;)

投稿: NightWalker | 2009年7月27日 (月) 21時54分

はじめまして。僕も住信SBIをメインで使っています。

ネット銀行はここを初めて使ったのですが、SBI証券も利用しており、使い勝手が抜群に良いので今はここ以外に考えられません。

預金残高・口座数の伸びは好調、今期は単年度黒字化見込みのようなので何よりです。

それにしても、キャッシュカードの有効期限撤廃には?でした。

既存の有効期限入りカードも再発行しないのでそのまま使えってことみたいですし・・・。

もともとの期限日が過ぎた後も使い続けるのって、何だか気分が・・・(苦笑)

投稿: baboocon19820419 | 2009年7月27日 (月) 22時41分

イーバンクは口座数はともかく休眠状態が多いのではないでしょうか?住信SBIだけでなくソニー銀行にもサービス面で劣っているように思うし今後も苦戦は続きそうです。
カード有効期限はセキュリティ面とICチップの耐久性等を考えて設定していたのだと思います。自分のカードはすでにぼろぼろですが破損の場合は無料で再発行のようで安心しました。

投稿: TA | 2009年7月28日 (火) 06時11分

皆さまコメントありがとうございます。
>baboocon19820419様
>有効期限入り
 確かになんとなく気になります。

>TA様
>無料で再発行
 さりげなくうれしいですね。
 

投稿: NightWalker | 2009年7月28日 (火) 22時28分

有効期限があったのは、ICチップ搭載で強力なセキュリティ、というのが建前だったからでしょうね。
別にICだから高信頼なのではなく、チップの中に保存された証明書の信頼性が問題で、時間とともに当然偽造の可能性は高まるわけで。
今回の決定は、要するに、(どうせ一般の皆さまには分かってもらえないんだし)セキュリティを毀損させてコストを削減しよう、ということになると思います。
事実、これまでのコメント欄から伺えば正しい判断なのでしょうが、個人的には正に「窮して遂に魂を売りに出した」としか見えず、とても残念です。

なお、そういった正論とは別に、「どうせ更新がなくなるならACミランカードに切り替えときゃよかった」という下らないのもあります(苦笑)
蹴球はまるで趣味ではないのですが、希少価値と、まぁ実際SBIカードでは明らかに意匠がましだったので…。あーあ。

投稿: gadgetster | 2009年7月29日 (水) 23時56分

gadgetster 様
 コメントありがとうございます。
>強力なセキュリティ
 なるほど~。そういうことだったんでしょうか。

投稿: NightWalker | 2009年7月30日 (木) 00時22分

最近、SBJ銀行なる紛らわしいのが誕生して、困惑しているかもしれない、住信SBIですが、預金8000億円、55万口座に達したそうです。預金量ではイーバンクを抜いたかもしれませんね。

投稿: konan | 2009年9月24日 (木) 19時20分

konan様
 SBJ銀行?(^^;)
 住信SBIさんがんばりますね~。
 イーバンクさんは、預金金利をあげないと難しいでしょうね。

投稿: NightWalker | 2009年9月26日 (土) 09時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/45748843

この記事へのトラックバック一覧です: 住信SBIネット銀行とイーバンク 2009/6末:

« 子ども手当は、一生で、いくらもらえるのか? | トップページ | 投信発掘ツール »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.