« 日興コーディアル証券のノーロードファンドが増えていた! | トップページ | SBI証券、株式売買手数料 すかさず値下げ! »

2009年7月13日 (月)

個人に債券投資は難しい

 山崎元さんです。

金融資産がせいぜい数億円までの個人投資家に、債券投資はお勧めしない。

  出ました!(^^)

 個人投資家としては、

  • 内外の株式に直接ないしは手数料の安いインデックス・ファンド
  • 後は、個人向け国債あるいはMRF(マネー・リザーブ・ファンド)

  で十分.。

内外の債券に直接投資したり、債券に投資する投資信託などを買ったりする必要性は乏しい。

  とのことです。

  国内債券に投資するファンドの信託報酬が、思いっきり低ければ(たとえば、0.1%ぐらい)、いいんですけどねー

  債券は、重要だと思います。

  私が理想とする長期投資 のひとつが、 ウェルズリー・インカム・ファンドである、ということは、よく書いてきました。

  債券60%ぐらい、株式40%ぐらい、という保守的な運用にもかかわらず、長い間、株式に比べても遜色のないパフォーマンスで、ずっと成長し続けてきたわけです。

  これには、理由がある。

  というのが、私の考え、というか、感じ方です。

  その理由を私のオツムでは、説明できないのですが、ファンドの海さんの下記記事に、その答えの一端がある様な気がします。

  ファンドの海さんのここまでの説明をまとめると、

  • ボラティリティ(リスク)が一定の値以上高い資産への投資は、たとえ長期であっても儲からない確率が高い。

 ということになります。

 さて、もうひとつ、ウェルズリー・インカム・ファンドの強さの秘密に、株式クラスは高配当な銘柄に投資をしている、ということがあるのでは?と思っています。

 こちらも、その理由を私のオツムでは、説明できないのですが・・・・(^^;)。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« 日興コーディアル証券のノーロードファンドが増えていた! | トップページ | SBI証券、株式売買手数料 すかさず値下げ! »

コメント

小口投資が数億円以下とは…私なんかは超小口とでも言ったところでしょうか…。山崎氏のリスクを取らない資産の選択肢にネット定期が出てこない理由がよくわかりました。

投稿: TA | 2009年7月13日 (月) 02時01分

私も債券は必要だと思います。田村さんのしぶとい分散投資術のP31,P47を見て再度納得しているところです。

STAMグローバル債券の運用報告書のP17にはマザーファンドの2000年からの基準価額が載っています。これは円ベースですので為替レート考慮済みだと思いますが、これを見て悪く思う人はいないでしょう。

Webではこちら (P19)
http://www.sumishinam.co.jp/new_report/140836_R.pdf

STAMシリーズだけでなく最近は海外の債券ETFを買える環境も整いつつあります。

ナマ債券についてあまり知らないのですが、例えば米国債のゼロクーポンならサブプライムが混ぜ込んである心配はないでしょう。

勿論、株だけというのもありでしょうが、それはエンジンに例えるならちょうど単気筒エンジンのようなもので下死点をフライホイル効果だけで乗り切るような感じでしょうか。回転が滑らかじゃないと思います。馬力は同じかも知れませんが(汗)。

投稿: Tansney Gohn | 2009年7月13日 (月) 14時11分

皆さまコメントありがとうございます。

>TA様
>せいぜい数億円
 これは、山崎さん流のシニカルな表現ですね~。

>Tansney Gohn様
 安い日本債券投資信託が出ないものか、期待しています。

投稿: NightWalker | 2009年7月14日 (火) 06時31分

私は山崎氏の素直な認識かなと思っています。そう考えると山崎氏の著書に私が感じる微かな違和感も納得できるので。
ついでに、私は債権投資には余り興味を抱かないのですが、日本債権ならリスクがあり手数料も掛かる投信よりも、国債や超小口なら(笑)ネット定期でいいかなと思ってしまいます。

投稿: TA | 2009年7月14日 (火) 09時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/45618916

この記事へのトラックバック一覧です: 個人に債券投資は難しい:

» 個人に債券投資は難しい  「山崎流マネーここに注目」より [カウンターゲーム]
山崎元さんのコラム「個人に債券投資は難しい」の考察です まずは要約すると・・・。 金融資産がせいぜい数億円までの個人投資家に、債券... [続きを読む]

受信: 2009年7月13日 (月) 06時42分

« 日興コーディアル証券のノーロードファンドが増えていた! | トップページ | SBI証券、株式売買手数料 すかさず値下げ! »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.