« 信託報酬を円換算にすると・・・ | トップページ | 住信SBIネット銀行とイーバンク 2009/6末 »

2009年7月26日 (日)

子ども手当は、一生で、いくらもらえるのか?

 さて、賛否両論といった感のある子ども手当。

 中学生以下 月額26000円という子ども手当ですが、重要な視点があります。それは、

  1. (年ではなく)一生で、いくらもらえるのか?
  2. (年ではなく)一生で、所得税はどれだけ増税になるのか?

 という点です。

 ここから、気がつくのは、

  1. 子どもの生まれ月によって、もらえる金額が違う(小さな不公平)
  2. すでに、子ども手当をもらわずに中学生以上まで、お子さん(すなわち、未来の年金を支える人たち)を育てた方には、何の報奨もなく、増税苦だけが待っている(大きな不公平)

 ということです。

 とくに2番。

 仮に子どもが、4月生まれで、フルでもらえた場合、子ども手当総額は、

 2万6千円 × 12か月 × 16年

 = 499万2千円

 です。二人いると、この倍ですから、約1,000万円!

 苦労して育てたのに、まるまる、1,000万円損しちゃう人がいるんですよ!

  もちろん、それまでの扶養控除分は、差し引かなければなりません。

 しかし、制度を大きく変更するということは、世代間で、非常に大きな影響を与えるのではないかと思います。

 プロの経済学者の先生にきちんと制度設計をしてほしい、と思います。(実はした結果なんでしょうか)

  民主党のブレーンの皆さんには、政権交代のため(^^;)、マニフェスト上の子ども手当の見直しをすることをおススメしておきます。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« 信託報酬を円換算にすると・・・ | トップページ | 住信SBIネット銀行とイーバンク 2009/6末 »

コメント

いつも楽しく読ませていただいています。37歳子育て世代です。ちょっと一言言わせて下さい。

世代間の不公平というのは注意すべき項目ですが、まさにそのことが、これまで、全世代が関連する老後対策には大きな予算が集まるものの、特定世代しか関連しない子育て、教育対策にはほとんど予算が回ってこなかった理由だと思います(未婚世代はまだ実感がありませんし、子育てが終わった世代は自分たちだけ損をするのを好みませんから)。
しかし、子育て、教育というのは国の将来に直接関わる項目ですから、戦略的に投資する、というのも有りだと思いますし、今の団塊ジュニア世代が出産可能年齢を過ぎてしまうと人口のリカバリーが困難になることを思うと、私としては、緊急避難的にこれくらいの対策をしても構わないと思っています。(実際、私は4歳の娘のために生活費以外で1000万円の予算を見ていますので。)

なお、日本は、国連人権条約の高等教育無償化条項(高等教育は…無償教育の漸進的な導入により、能力に応じ、すべての者に対して均等に機会が与えられるものとすること)を保留している160カ国中2国のうちの1つです。高等教育費にしめる自己負担率はOECD諸国中トップの60%(平均17%)であり(2009年OECD報告書)、国連、OECD双方から改善勧告を受けています。

今後、低廉な保育サービスや高等教育(大学教育)が提供されるようなり、子育ての負担が減っていけば、子ども手当も減らしていけばいいと思うのですが、それまではまず手当で、というのは私としては有りです。

投稿: カピバラ | 2009年7月26日 (日) 12時22分

ちょっとポジショントークすぎませんか・・・

投稿: かつまた | 2009年7月26日 (日) 20時36分

皆さまコメントありがとうございます。

>カピバラ様
>世代間の不公平
 永遠の課題です(^^;)。

>かつまた様
 このテーマは、そうなってしまうかも、しれませんね。

投稿: NightWalker | 2009年7月26日 (日) 20時58分

とりあえず、まだ政権を取ったわけでもない一政党のマニフェストに過ぎないし、取ったとしても単独政権とはいかないでしょうから実現性はまだ未知数だと思っています。
内容にしても定額給付金以上に下品で露骨なばらまきの選挙対策としか思えません。これが柱になるようでは民主党の政権担当能力に疑問を感じてしまいます。(支給対象でない私としては一票の投じ方において大きな判断要素になりそうです(笑))

投稿: TA | 2009年7月26日 (日) 22時05分

TA様
 コメントありがとうございます。
>選挙対策
 所得税増税の影響の少ない層(主として団塊世代以上)、子ども手当をもらえる可能性のある層(団塊ジュニア世代以降)という二大票田に有効という、きわめて、よく考えられた提案なのかもしれません。

 さきほどまで、「官僚たちの夏」というドラマを見ていましたが、現代と照らし合わせ、いろいろ感じ入るところがありました。

投稿: NightWalker | 2009年7月26日 (日) 22時40分

麻生首相が民主党のマニフェストに対して「財源が無責任で、極めてあいまいだ」と批判したそうです。
麻生さんらしからぬ(?)まっとうで適切な批判に感じました。民主も自民もダメかなあと言う印象です…。

投稿: TA | 2009年7月28日 (火) 06時23分

TA様
 コメントありがとうございます。
 横浜市の中田市長辞任ですね。再編も取りざたされる気配です。

投稿: NightWalker | 2009年7月28日 (火) 22時30分

ちょっと計算してみました。
25歳で結婚して、すぐ子どもが1人生まれたとして、奥さんは専業主婦で、65歳まで働いたとすると、平均年収が600万円くらいなら、生涯の所得税増加額は200万円くらいです。手当の方が得ですね。
平均年収が700万円くらいだと、税率が10%でなく20%になるので増税額は400万円くらいになります。まだ少し得かな。でも、これまでの児童手当(年6万円×12年=72万円)がなくなってしまうことを考えると、あまり得ではないですね。
なお、共働きの場合は、所得税が上がると保育料も上がることも計算する必要がありそうです。

投稿: ゆうくんパパ | 2009年8月17日 (月) 20時25分

ゆうくんパパ様
 コメント&計算ありがとうございます!
>児童手当
 ふむふむ、これとの差額も考えないといけないですね。

 このままだと、直接税も間接税も増税という選択をすることになりそうで怖いです。

投稿: NightWalker | 2009年8月17日 (月) 20時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/45737109

この記事へのトラックバック一覧です: 子ども手当は、一生で、いくらもらえるのか?:

« 信託報酬を円換算にすると・・・ | トップページ | 住信SBIネット銀行とイーバンク 2009/6末 »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.