« 新生銀行 + あおぞら銀行 | トップページ | 公的年金運用の力は崩れたのか? »

2009年6月27日 (土)

閉店のリスク

  不祥事が続いております。

 やはり、預け先の閉店リスクというものは、常に考えておかないといけませんね。

 新生銀行のFAQにわかりやすい説明があるので、ご参考に。

 短くまとめると

  • 販売会社が破綻した場合  ⇒ 守られる
  • 運用会社が破綻した場合  ⇒ 守られる
  • 信託銀行が破綻した場合  ⇒ 守られる

 とのことです。

 もう一つ心配というか、めんどくさいな~と思うのは、引き落とし口座等の変更。どこか別の金融機関に引き継がれる場合は、何とかなるような気がしますが、完全にその金融機関が消滅する場合は、どうなるのかな?

 ちなみに、件のシティバンクさんは、昔、口座があったのですが、前回の不祥事のとき、解約しました。

|
follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑よろしければランキングに一票(クリック)をお願いします。

« 新生銀行 + あおぞら銀行 | トップページ | 公的年金運用の力は崩れたのか? »

コメント

あと、戻ってくるのにどのくらい時間がかかるかも問題でしょうね(汗)。万一に備えて生活防衛費に余裕を持つとか、上の3つが重ならないように分散するとかも大事かなと思います。

破綻後から再度買うまでのあいだ市場に居ないというリスクや払いたくもない税金という問題もあります。

投稿: Tansney Gohn | 2009年6月27日 (土) 15時38分

Tansney Gohn様
 コメントありがとうございます。
 口座の分散は、必要ですね~。あんまりたくさん作ると管理が大変ですが(って、私のことですが・・・ ^^;)

投稿: NightWalker | 2009年6月27日 (土) 17時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93049/45466313

この記事へのトラックバック一覧です: 閉店のリスク:

« 新生銀行 + あおぞら銀行 | トップページ | 公的年金運用の力は崩れたのか? »

 

オススメの本


北村 慶:
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント


バートン・マルキール:
ウォール街のランダム・ウォーカー 原著第11版


チャールズ・ エリス:
敗者のゲーム〈原著第6版〉


ジェレミー・シーゲル:
株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらす








オススメの証券会社


SBI証券

楽天証券

マネックス証券


セゾン投信



私のメイン証券です。豊富な品揃え。ローコスト投信もたくさんあります。投信マイレージも魅力的♪
旧DLJディレクトSFG証券の頃から使ってます。海外ETFも超ローコストDC専用ファンドの一般売りも楽天証券さんが始まりでした。使いやすいサイトが特徴です。

私が最初に開設したネット証券がこちら。かれこれ15年のお付き合いとなります。その頃買ったバンガード・ウェルズリーインカムファンドは長期保有中♪
投資信託|セゾン投信
ローコスト直販投信の雄。世界のバンガードファンドで世界分散投資ができます。セゾンさんのチャレンジがあったからこそ今のローコスト インデックス時代がありました。NISA対応♪



 
Copyright © 2005 - 2017 NightWalker's Investment Blog All Rights Reserved.